人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

崩壊

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

おぃぃぃぃ・・・・・・。

出先から戻ると、なんとミッツはリビングを自由に歩き回っていた。ふすまをこじ開けたらしい。ボロボロだ。

幸い猫達は2階にカンヅメにしていたので事なきを得たが、もう部屋を別にするのは限界なのか。

ちなみに、昨日は雷など鳴っていない。単純に、出たかったのだろう。

「そりゃなぁ、一緒にいたいよね、みっちゃんも。」

しかしリビングに自由に放つには、まだ早い。

準備期間として、リードをつけて常にそばにいることになった。

手がふさがるので、ベルトに固定。

こちらの動きに合わせてくれ、とてもいい子だ。

しかし焼きもちなのか、大五郎と仲良くしていたら猛然と吠えられた(笑)

まだ油断はできない。

どうにか上手くいってくれればいいんだが。