人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

侵攻!占拠!制圧!

家で飲むと、時々ミッツをリビングに連れてくることがある。酔った勢いだ。

リードを短くして猫に近づけないようにはしているが、思いのほかお利口さんにしてくれたので、たまにはこういうのもいいかな、などと思うようになった。

いつも隣の部屋で繋がれているミッツは、大喜びだ。

エルお気に入りの猫ハウスになんの躊躇もなく入り、ご満悦。

それをキャットタワーの上から見下ろすエルの、複雑な表情。

先住優先、という鉄則を守ったお陰で猫の様子は安定している。どちらかと言うと猫の方に余裕があるように見えるぐらいだ。

しかしでかい。ミッツはでかい。でかくてハァハァしててグイグイ来るのだ、近ければやはり怖いのだろう。ミッツが優位になる。

彼らが仲良くなる日は来るのだろうか。