人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ロデオ

またジワジワと太りだして来たのだ。取り返しがつかなくなる前に、取り戻したいところである。

しかしただでさえブートキャンプに1時間持って行かれているのだ。これ以上ダイエットに時間を割きたくはない。

何か「ながら」でできるダイエットはないものか。

例えば、毎日ゲーム中は1時間程度、動かずにただ座っている。ロデオボーイに乗りながらプレイしたら痩せるだろうか。

しかし両手はコントローラー、意識はゲームに持って行かれるのだ。

「ロデオボーイの馬に振り落とされるってこと、あるのかな?」

しかしダンナの返事は意外なものだった。

「馬EE:AEB2F牛でしょEE:AEB2F

「ええっEE:AEB2FロデオだよEE:AEB2F暴れ馬を乗りこなすんじゃないのEE:AEB2F

「いやいや、ロデオったら牛だよEE:AEB30

結構酔っていたので、どこか頭の回路がおかしくなってるんだろうと思った。しかしダンナは真剣だ。

「じゃあ賭けよう。馬だったらブートキャンプをワンブロックね。」

「じゃ、牛だったら腕立てやってよ。」

ロデオに牛とか、ナポレオンに牛ぐらいの間抜けである。

ところが、両方だったのだ。ロデオは牛にも馬にも乗る。

ウィキペディアによると、北アメリカが起源の家畜、特に牛や馬を使った伝統的なスポーツ。

そして発祥は、の焼き印押しや出荷などの作業終了後に、自慢の腕を披露する遊びから始まったスポーツ。

むしろ牛であったEE:AEB64

知らなかったなぁEE:AE5B1

まぁどっちであろうと、ロデオボーイはロデオボーイだ、牛でも馬でもない。

そして、ゲームをやりながらできるものでもない。