人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

MGS5:THE PHANTOM PAIN<12>

エピソード・5「バイオニクスの権威」、まだまだクリアできず。

しかし、リスタートだ。敵の数が減っているはずだし、まだこちらに気づいていない。

つまり、チャンスなのである。見つかったらまたリスタートすることにする。

成功したEE:AEB64今更だが、やっぱり見つからないことが大前提だねEE:AE5B1

正面から行かずに、スタートから左手側へぐるっと回って潜入。これだと建物に入るまで誰にも会わずに済む。

建物に一人いるが、どうしようか考えている間に見えない場所へと消えて行った。

ターゲットは、地下だ。鍵がかかっている部屋にいる。

そこまでに2、3人出会ってしまったが、CQCと麻酔銃でそれぞれ無力化。

ターゲットを抱えての脱出路は、往路で敵を排除してあるので安全だ。とっととフルトンする。

かなり何度もやり直して手こずったから、リザルトは酷いと覚悟をしていたんだが。

やり直しが多かった割に、時間的にはそんなに長くならなかったか。

ではサイドオプスへ。

新しく追加されたミッションに行く前に、気になることが。

クリア済みのミッションの左端に、印がついているものがあるのだ。マークが点灯しているというのか?

チェックは入っているのでクリアにはなってると思うんだが、何なんだこの印は。

何となく未消化感があるので、もう一度行くことにした。サイドオプス・28「才人を救え・02」。

2度目の気楽さかいくらか慣れたのか、そんなに難しくなかったのだ。

しかしターゲットフルトン直後に撃たれてゲームオーバーに。

チェックポイントからのやり直しになるが、今度はターゲットがいないのである。

どんなに探しても見つからないので終わらせたが、あのフルトンは有効だったのだろうか。謎だ。

そして点灯していたマークは消えた。今回のクリアと関係あるのだろうか。

はっきりさせたかったので、もうひとつ点灯してた153「射撃訓練(支援班プラットフォーム)」にも行ってみる。

これは簡単にクリアしたが、マークは消えなかった。一体、何だったんだ??

新規のサイドオプスへ。152「射撃訓練(研究開発班プラットフォーム)」。

急に難しいよEE:AEB64射撃が、ではない。プラットフォームの作りが複雑で、迷ってしまうのだ。ターゲットも点在していて、半分も見つけられなかった。

司令部への通路を走っているうちに時間切れになってしまったが、司令部で車を発見。これに乗ってさらに先へ行ってみた。支援班プラットフォームで行き止まりであった。

ここでまた射撃訓練のスタートができたので、稼ぎついでにやっていった。

しかし戻らねば。

車をUターンさせようと思ったが上手くいかず、引っかかって動かなくなってしまったEE:AEB64

ムチャクチャ遠いが、走って戻る。今思えば、ヘリにピックアップしてもらえば良かったEE:AE4E6

で、射撃訓練の再スタートをしたいのだが、スタート地点が分からないEE:AE5B1

迷いに迷って、パイプを伝い、やっとたどり着いて再スタートできたのだった。

しかしやはりターゲットが全部見つからずにタイムアップ。

リスタートしたら、夜が昼になってしまった。どういうことだ??最終チェックポイントが昼だったのか??一体どこまで遡ったのか??研究開発班のプラットフォームで迷っている間に結構たくさんダイヤを取ったが、あれはセーブされていないのか??

そして、このリスタートもターゲットが見つからずにタイムアップ。もう諦める。

そしてエピソード・6「蜜蜂はどこで眠る」へ。

降下地点から目的地がメチャクチャ遠いEE:AEB30

検問所らしき規模だと敵の数が少ないので、いちいち制圧してアイテムを漁って行った。

ところが逆方向に進んでいたみたいで、いつまで経っても目的地に辿り着けないのだ。

やっと気づいて方向転換し、ソ連軍の拠点に入ったところである。

ターゲットは移動したのでもうここにも用はなさそうなんだが、ここも人数が少ないので欲が出てしまった。

しかし目ぼしいアイテムを見つける前に敵に囲まれてしまい、ほうほうの体で逃げたのだった。チェックポイントまで行って逃げ切り、今回はここまで。

戻るかどうか、迷うところだ。気持ちとしては、気になるので戻りたいんだが。