人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

Stray<9>

Docのいるところへ、Seamusに案内されていく。扉が開かれる。ここからはZURKが出るので、猫だけになる。

 

 

誰もいない。

仲間とはぐれて、ロボット達もいなくなり、やっぱりひとりは寂しい。

 

 

この先は、ZURKのテリトリーだ。

走り抜けていく訳だが、何度もゲームオーバーになりながら、ルートを確定させる。

何度も何度も同じ繰り返しの上にロード時間も長く、昭和のゲーム並みのストレスだ。

 

 

やっと抜けたと思ったら、またZURK。

しかしここは、乗り物に乗って走り抜けられたのだ。

 

 

洗濯機に閉じ込められているZURK。

 

 

Docに会い、武器が直ったら、Docを連れてスラムに戻る。

 

 

ドラム缶を動かして、窓に飛び移る足掛かりに。もはやお得意のパターン。この先もZURKだよ!

 

 

 

スラム着。SeamusとDocの再会。

 

 

さぁ、これでもう準備は整った。いよいよ出発だ。みたいなことを言うので、やりかけのことを済ませていく。

集めた楽譜を全てこの人に渡していく。この時点では、まだ2つ足りなかった。

 

ひとつは金庫??の中にあった!

バーの壁に隠してあった番号が、パスワード。

もうひとつは、最後にくまなく歩いておこうと歩き回っていて、偶然見つけた。

屋上から入ったベランダのテーブルの上。最初にノート集めしたあたり。

 

そしていよいよ、アウトサイドへの地下道??へ。

ここを通ったらZURKが入れないように入り口は閉めてしまうとのこと。恐らくお別れだ。本気で切ない。