人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<155>

K4南配送センターの依頼、ミュールから荷物の奪還、残り3個。

スティッキーガンを携え、草陰に潜む。

遠くから荷物を奪えるとは言え、ある程度寄らなくては届かないのだ。残り3回とも、結局は見つかってしまった。

バイクでブーストかけて逃げれば、追い付かれることはない。

しかし最後の1個は、荷物奪還前に見つかってしまったのである。

あっという間に囲まれて諦めかけたが、思い出した。この状況から、全員倒したことがあったじゃないか。

殺すと面倒なことになるので、殺傷武器は使えない。ボム系は下手なので頼りにできない。使えるのはポーラガンぐらいだ。

どうやらサムの方が足は速いので、逃げて距離を置いて振り返り、ポーラガンで拘束→蹴っ飛ばす。

ポーラガンで間に合わなければ、格闘だ。これで全員倒した(笑)完全制圧なり。

で、荷物はどうした??

倒した中の一人が持っていたようで、落ちていた。

ごめんよ、こっちも必死なんだよ。

敵がいなくなったので、焦る必要はない。何かできることはないかと物色していて思いついたのだ。みんなの落とし物を全部持って帰ってあげよう!

ミュールのトラックに、ポストの落とし物を載せる。

積載量をオーバーしてしまったので、全部は無理だった。載せられるだけ載せ、K4南配送センターに託す。

そして依頼の荷物を、レイクノットへ。

 

次はサウスノット発のピザの配達に行きたいが、その前に配達先の場所の確認に行きたい。