人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

土曜日、ひとり歌う。

水曜日に、予定外に飲んでしまったからではない。

その後、木曜日、金曜日、と飲まずに来て今日も飲まないつもりでいるのは、明日が歌の発表会ライブだからなのである。

 

もうバンド活動はやめたと言いながらも私は細々とボイトレに通い、現在は同じ先生のもとでアカペラの指導を受けている。

このスクールで、初の発表会があるのだ。

歌に自信がある訳ではなかったが、ちょっとした目標のようなものがあった方がいいと思い、出演を決めたのだった。

 

で、「日頃の成果を」という発表会での課題曲をどうするか聞かれ、「今レッスンでやってるのは、い、・・・あ?」

アカペラである。日ごろの成果は、「トゥットゥットゥッ、ウ~~~~、ワー---♪」であって、これをひとりで発表する訳にはいかないことに気が付いた。

何でもいいと言ってくれたが、私だけ生バンドカラオケやりたくて出て来たみたいでお恥ずかしい。

選曲の参考にしようと他の出演者の平均年齢を聞いたところ、「20代1人、40代1人、60代1人、70代1人。」、そこに50代の私が入る形であった(笑)

なので1曲はボイトレ時代に習った曲、もう1曲は無難な古い歌謡曲をお願いした。

 

どちらもキーの低いゆったりした曲だったので、すっかり油断していた。結構難しいぞ。

低いことが仇になって、かえって出しにくいのである。

 

ということで、本番前日、例のミュートマイクを使って猛練習の羽目だ。

まぁそれだけではない。

木曜日の二日酔いが辛すぎて、「こんなコンディションで歌うようなことになりたくない」と思ったのだった。なので、土曜日だというのに、飲まないようにしているのだ。

 

さて、家にいるもうひとりのアル中は、昼寝している。

本当なら明るいうちから飲み始めるか、夜の繁華街で飲んだくれるかしたかったことだろう。

巻き込まれたダンナは、このあと家でひとりで飲むことだろう。

同席すれば私も飲みたくなるから、私はゲームでもやって過ごそうと思う。・・・我慢できればの話だが。

 

あぁ、二日酔いって、何をどれぐらい飲んだらなるんだろう?

分かったところでセーブする自信もない。

 

ああ。

つまらん土曜日。