人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<53>

ミュージシャンのシェルターへ。依頼を受けて、繋がるのが目的だ。手ぶらで行く。

崖の途中のシェルターだ、バイクは無理だろう。徒歩で向かったが、遠いEE:AE5B1

途中まででもバイクで行こうと、リセットしてやり直す。

バイクで行ったら行ったで、もしかしてどこかに抜け道がないかという気持ちになる。

歩きたくないのだ、もうずっとバイクだったから、徒歩の遅さが耐え難い。

しかし登れそうな場所は見当たらず、結局途中でバイクを乗り捨てて行くことに。

挟まって抜けない(笑)落っこちそうで、バックするのも怖い。

ところでバイクにいいねが付いてるんだが、なんで??こうやって乗り捨てた時に誰かが乗ってるのか??

ポートノットから向かうと遠かったEE:AE5B1西配送センターから行った方が近い。

崖の下りがキツいが、前回行った時に設置したハシゴとロープに助けられる。それなのに、どうしてこんなにいいねの数が少ないのか。つくづく謎である。

到着。目の前を川が流れ、なかなかな絶景ポイント。

やはりミュージシャンはいなかったのだ。依頼だけ受ける。川に流された楽譜の回収。

また崖を越え、川を渡り、なかなか過酷。しかも楽譜が29キロとかどういうこと!?それをふたつ持ち帰って、納品。やっと本人に会えたのだ。

モデルは日本のミュージシャンの三浦大和とのこと。そんな人知りませんが、画像を見たら良く似ておった。

何度もやり直したので時間がかかり、今回はこれだけ。

次もミュージシャンの依頼を受けて親密度を上げようと思う。

セーフハウスが欲しい。

現状ではまだ建設できないのだ。ストーリーを進めないとダメか?