人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<38>

クラフトマン→エルダー→エンジニア、と行くことに。国道とバイクがあれば、荷物の重さもミュールもどうってことはない。荷物をできるだけ集めて出発した。

なんだこれ?

なんと、国道は途中で終わっていたのだEE:AE5B1ここからはデコボコの岩だらけの悪路を行かなくてはならない。

この国道でエルダーのところに行かれないとなると、一度レイク・ノットに戻ることになる。レイク・ノットどころか、クラフトマンのところに戻るのすら面倒だ。行かれるところまで行ってみよう。

道はどんどん悪くなり、やがて急斜面を登るように。そしてついには崖が立ちはだかった。

ここまでもあちこちぶつけて転んでかなり無茶をしてきたが、さすがにこれは無理か。

どこか少しでもとっかかりはないかと、回り道覚悟で横に進んでみる。少しでも登れそうな隙があれば、強引に突っ込んでいく。(そんな展開があるのか分からないが)死ぬまで試すつもりであった。

ところが、何とか登りきれたのだ、チョー嬉しい、こういうことがあるから、ますますゲームにのめり込むのである。

幸いここからエルダーのシェルターは近く、無事、納品。

そして、ついにエルダーがUCAに加盟してくれたのだ!頑張って落とし物を届けた甲斐があったというものよ。まぁこの展開を期待していたが。

次は、エンジニア。

指名なしの依頼と落とし物を担いだら、126.1kg、キャパを超えてしまった(笑)

しかしバイクなら何とかなるんじゃないか?

頑張ってバイクんとこまで歩いてくれ!

フラフラのヨタヨタ(笑)

次回、ここからです。そんなに遠くなかったはずだ、バイクもエンジニアも。

その後どうするかな?