人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

愛用アプリ

なかなかいい感じに回っているので、愛用しているアプリを紹介したい。

・Todoist

前にもちょっとネタにしたことがあったが、その後も使い続けているということだ。

専業主婦にタスク管理もクソもないだろうと思うなかれ、やることが取っ散らかってる家事だからこその管理である。

ルーティンの表示。

その日その日にやるべきことが、ラインナップされるのだ。

やり終わったら消す、やれなかったらそのタスクは残り、翌日に持ち越されるようになっているのだ。忘れ果てることにはならない。

まぁ持ち越しすぎて凄いことになってるがな(笑)

とは言え消してもルーティンだ、またそのうち現れるから、あまりに残るようだったら消してしまう。

ルーティン以外にも、日にち指定してタスクを入れることもできるのだ。

これにより、「やるべきこと」は完全にこのアプリに入ることになる。

消さない限り、タスクは残る。つまり、やるべきことをやらなければ、タスクはいつまでも残ることになるのである。

逆に言えば、ここにタスクが残る限り、忘れることはない。やるしかないのである。

いつかこのアプリのタスクがゼロになることを目指して、今日も頑張るのであった。

・一日予定表

円グラフに一日の予定を入れるアプリだ。

朝、これに一日の予定をザックリ入れる。その中に、↑のタスクをこなす時間も確保するようにしている。

漠然と過ごしてしまうと思いがけないところに時間を食ったりして、やるべきことをやれずに終わってしまったりするものだ。

ちゃんと一日の中に、やるべきことを割り振っておくのである。

何ならひとつひとつの予定を倍速でこなせば、時間は浮く。こうした時間はさながらご褒美で、自由に使うのも楽しみなものだ。

なかなかないけどね(笑)倍速は疲れるのだ。ほどほどにやっている。

・DotHabit

これは、シンプルに「やったかやらなかったか」の入力のみである。管理と言うより、継続のためのアプリだ。

先のタスク(つまり家事だ)の他、ピアノの練習、読書、早起き、なんていうのも入れてある。

ちゃんとやったら「完了」となってカレンダーがドットで埋まり、一目でどれほど頑張っているか分かるようになっている。

私は単純なので、こうなるとカレンダーをドットで埋めたくなるのである。

またこれも、忘れ果てずに習慣にする助けになっている。

この3つのアプリで、日常を回している。

さて、「ブログ下書き」の残り時間はあと10分だ。少々余裕がある。

この調子で頑張っていこー!