人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

明日の私の役回りとは

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

神は私を守ってくれなかったのだ。

結局、飲んでしまった。

結構キツい二日酔いで、私は夜まで胸やけと倦怠感でゲンナリしていたのだ。とても飲めるような状態ではなかったのに。

「私は飲まない」、とダンナには言ってあったのに。

目の前で酒の準備が始まると、気持ちが揺らいでくる。

体が全力で拒否しているのが分かる。無理だ、と言っている。

なぜ体の声を聞けないのだろう。一杯飲めば、それも大人しくなることを知っているからだ。

迎え酒。

ほんの一口の我慢で、またあの世界が広がって来るのだ。

「明日は今日の倍、頑張ります」はどうするんだ?

そんなことは明日の私が考えればいい。

ダンナは刺身を買って来た。これを炭酸水で食べろと?

乾杯し、軽く食べたら、飲みながらやりかけのゲームを再開する。

普段は飲みながらゲームはしない。色んな器官が鈍り、挙句記憶もおぼつかなくなるからだ。次にロードした時に「これは一体!?」となったことが何度あったことか。

しかし頭はクリアであった。二日酔いで飲むと酔いが回らないということが、時々ある。どうやら今回はそうらしい。

アルコールを感じないサワーを飲みつつ、ゲームに没頭。

気が付くと、ダンナはソファで寝ていた。テーブルには1杯だけ飲んで開けかけになったスパークリングワインのボトルが出ている。どうすんだ、これ。

結局私も、飲んだのはビール少々と缶サワー一本であった。何とも無駄酒感。

ということで、今夜本気を出すことになるだろう。

明日はミツコの元飼い主がうちに来る予定だが、それについては明日の私が考える。

昨日の倍、今日頑張れば大丈夫!!