人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

MGS5:THE PHANTOM PAIN<113>

D.Walkerの装備の開発状況を見てみると、ヘッドはまだスキルス機能のサポートヘッドまでであった。これが、先日メタマテリアル技術持ちの捕虜を回収して、出来上がったところである。索敵機能の付いたスカウティングヘッドは、もう一段階先だ。

そしてそれには、「映像監視技術」のスキル持ちスタッフが必要とのこと。

いねーし。

また回収だ。

映像監視技術のスキルを持った兵は、エピソード・26「ハント・ダウン」にやはり捕虜となって囚われている。

はぁまたついでにタスク達成していくことにするか。

報酬額が戻ってないが、装備の開発を優先したい。ここは我慢だ。

未達成タスクは「『トラフィッカー』および護衛の兵士5名を回収」、「ディタディ村落跡に囚われている、捕虜4名を回収」、「キジバ野営地周辺にて『ヨコスジジャッカル』を保護」の3つ。

ちなみに件の捕虜は、このタスクの捕虜に含まれている。

手順としてはまず、移動し続けるトラフィッカーと護衛を最優先に、このあと捕虜とジャッカルはのんびりやるとしよう。

インテリジェンスファイルは前回入手しているので、トラフィッカーのルートは判明しているはずなんだが・・・、マップに表示されない。・・・ように見えたのである、今思うと表示範囲がちょっと外れてたかもしれないEE:AE5B1

とにかくルートが分からないので闇雲に進んだら、ディタディ村落跡に着いてしまったのだ。

なら捕虜の回収を済ませてしまうか・・・、トラフィッカーを放置していいものかなどと考えつつ、村落に潜入。

攻略本にあったように、スタンアームで人数を削りつつ進んだ。

ここでインテリジェンスファイルを発見。トラフィッカーのルートが判明する。

捕虜は4人もいるし、これを回収していたらトラフィッカーはどんどん先に進んでしまうだろう。

目的地のキジバ野営地に着いてしまうと厄介だ。

トラフィッカーを追う。

ルートが分かったといっても、このルート上のどこにいるのかは分からないのだ。ルートのスタート近くから、ひたすらダッシュで前進していく。トラフィッカーよりも早く移動していれば、そのうち追い付くはずだ。

途中で動物がいたのでイチかバチか回収したら、それがヨコスジジャッカルであった。タスク1つクリアEE:AEAAB

やがてトラフィッカーらしき一団を発見。

これも攻略本にあったように、スタンアームで狙う。

スタンアームの有効距離は、45mとのことだ。できるだけ全員がこの範囲に入るよう、寄ってから発動。

これで一気に全員倒したはずなんだが・・・、回収してもタスククリアにならんのよねEE:AEB64

人数を数えてなかったEE:AE5B1誰か逃したかEE:AEB2F

一帯を探したが、見つからない。

仕方がない、もうこうなったら捕虜回収してからミッション圏内を完全制圧するしか・・・。

ということでさしあたってトラフィッカーのことは置いておいて、ディタディ村落の捕虜回収に向かう。

まぁスタンアームと「やれ」である(笑)

まずはここを制圧し、捕虜も敵も全員回収していった。・・・ら、トラフィッカーのタスクをクリアしたのだ。へ??この中に紛れ込んでたん??

どういう訳か良く分からんが、面倒がなくなったのだ。良しとしよう。

やることがなくなったので花など摘んでいたら、ホットゾーンを出てしまった(笑)ミッションクリアだ。

早速その場でスカウティングヘッドの開発を始め、余力があったのでヘリに戻らずそこから近いサイドオプスをひとつクリアしてから、コンテナに乗って離脱したのであった。

スカウティングヘッドの開発には36分必要なのだ。

もうひとつミッションに行くことになる。

サイドオプスかな。