人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

懺悔と贖罪

思い返せば、本当に酷いものであった。

私が娘ぶー子を産んだのは22になる直前。

若かったのもあり、もともと放蕩性質だったのもあり、ずいぶん自分の都合で振り回して育ててしまったものだ。

ぶー子自身はそんな中で育ち、他を知らないので疑問に思うことはそれほどなかったようだが。

今になって、責任を感じる。真っ当な生活とは、そんなものではない。

やがて私は精神不安定となり、子育ては精神的ネグレクトとなっていった。

生きているので精一杯、そんなことを周りに悟られないことに必死であり、そのしわ寄せは家庭内の一番弱いものに向かったのである。

子供はけなげだ。そんな母親を、守ろうとする。

ぶー子は、いい子だった。いい子でいようと頑張っていた。

手紙もたくさんくれた。お母さん、元気出して。お母さん、疲れてませんか。お母さん、つらい時はこれを読んでね。

ごめんね、ぶー子。あの頃ちょっと病んでいて、おかん、頑張れなかった。「今だけ」、「元気になるまで」って、先延ばしにしてた。いっぱいいっぱいだったんだ。

ある日そんな風に言うと、ぶー子は「ハハハ・・・。」と力なく笑って俯き、ポロポロとたくさん涙をこぼした。

仮面の中の、本当のぶー子。

自分のしてきたことの、取り返しのつかない大きさ。それは今も私の心の中に、刺さっている。

忘れては、いけないことだ。

「あのね?そんなに悔やまれると、私の過去を否定されてるような気持ちになるよ。おかんが思ってるほど、悲惨じゃなかったよ。これはこれでいい、私はそう思ってる。」

謝れば謝るほど、今度はそれがぶー子を傷つけた。

親が弱いと、子供は強くなる。ならざるを得ないのだ。

不憫だが、これを不憫と言ったら余計不憫なのだろう。

実際、ぶー子は強くなってしまったのだ。その強さを信じて、今のぶー子に精一杯できることをするしかない。

それが私の贖罪だ。