人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ぶー子の恋

ケンカの余韻でまだまともに顔を合わせてなかった。

晩ご飯に下りて来た娘ぶー子は、見た事のないスティッチの大きなぬいぐるみを抱いていた。

気まずいままだったので私はぶー子に背を向けてブログの更新作業をしていたが、後ろで話しているダンナとぶー子の会話がどうしても聞こえてきてしまう。

と言うか、ぶー子が泣き出したのだ。いやでも話が耳に入る。

トリプルデートだった。

デートといってもカップルになっている組はなく、「あそこのふたり、くっつけちゃおうぜ。」なデートだったらしいのだが、

ぶー子の好きな人は違う子を狙っているようで、ぶー子はそのふたりをくっつける役まわりになってしまったのだ。

彼のために、何かと彼女とのきっかけを作り、近づける。

そんな彼のぶー子への気持ちは「お前、ほんといいヤツだよな。」である。

ぶー子は「それでも『いいヤツ』だって言われたくて・・・。」と泣き崩れる。

ぶー子は延々泣いている。

私は我慢できなくなって、ケンカで気まずいのも忘れ、口を挟んでしまった。

そこからは家族3人体制である。

トリプルデート、と言うことは3組である。

二組は「くっつけちまおうぜ」のカップルで、その仲間の男の子が一人来たので、おのずとぶー子がその子とペアになる。

「ごっちん」と呼ばれるその子はとてもいい子らしいのだが、まぁ、なんて言うか、よくある3枚目キャラの、ハッキリいうと「いい子だけどしゃれっ気のないおデブちゃん」らしい。

ぶー子は彼が気になって気が気じゃない。

しかしごっちんとふたり並んで歩く。

ぶー子は泣きながら言う。

「ごっちんはさ、ごっちんはいいヤツだけどさ、こんな事いったら何だけどぉ・・・、」泣きながらだから聞き取るのも難しい。ヨヨヨ(泣)、という感じで喋るのだ。

「小学生や中学生の着るようなさ、なんか羽とロゴとか書いてあるトレーナーなんか着てさ、その上にさ、(声裏返りそうに)白いコートなんか着てきて、もう~~~!!」

最後の方はもう泣きながら笑っていた。

恐らく返答に困ったのであろうダンナは、「そのコートってロングコートなの?」と突拍子もない質問をしたが、ぶー子はヨヨと泣きながら

「わかんない、ロングコートなのかもしれないけど、デブだから短くなってたぁ(泣)」と答えた。

ぶー子はこの日のために買った、レースのついた花柄のワンピを着ていた。

ファーのついたニットの黒い帽子を被り、薄くチェックの入ったストッキングをはいてめかし込んでいた。

その姿で、彼がクレーンゲームで取ってくれた(このひとつだけぶー子にくれたらしいのだ)スティッチの大きなぬいぐるみを抱いて、オイオイと泣き続けている。

こんなぶー子に、いつか恋が実る事を祈る。