人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

大吉家@東伏見

ここはとってもおいしい家系のお店で、ぽ子のお気に入りです。

また行きたいとずっと思ってたけど、いよいよだ。

実は気になっていたメニューがあった。

「ドラゴンラーメン」なる辛いラーメン。辛さに3段階ある。

ぽ子はラーメンも好きだけど、辛いものも大好きだ。

なので辛いラーメン、ぜひ食べたいっす。

このように辛さに段階のあるものは、MAXがかなり辛いことが多い。

迷ったが、「もっと辛いの、いけたなぁ」となるのは嫌だったので、いきなりMAXの「死亡遊戯」でいくことにした。

そう、ここのドラゴンの辛さ3段階には、段階1:ドラゴンへの道、段階2:燃えよドラゴン、と名前がついている。

「死亡遊戯」なんて恥ずかしくて言えない~~~!!

「一番辛いのでお願いします。」と言うと、とても優しそうなお袋さん的雰囲気の店員さんに

「かなり辛いですけど、大丈夫ですか?」と心配そうに聞かれる。

どんな時でもそうだが、決心したことを改めて大丈夫かと聞かれると、自信が揺らぐ。

「これまで辛くて食べれなくて残した人とかいますか?」と聞くと、それはないが、これを頼む人は辛いのが好きな人が多いようで、と言った。

免疫なら私もある。よしっ、頼んます、死亡遊戯(笑)

辛い(笑)

私は辛いものには強いと自負しているが、これは相当辛い。

でも豚骨のまろやかさで幾分和らいでいて、ビリビリ辛いだけではない。

この激しい辛さと豚骨、乳化した油のバランスが良く、おいしいのだ。

でもおいしいと言ってもやはり辛い。

トッピングののりとほうれん草がありがたい。

チャーシュー麺を頼んだダンナがチャーシューを1枚くれたが、もう単なる「辛さ中和アイテム」でしかなかった。

硬めに頼んだ麺は太くムチッと弾力のある麺で、この強烈なスープを頑張って受けています。

でもスープのインパクトが強すぎて、麺がどうだ、具がどうだという段階ではない。

ウル目になりながら食べた。

それでもおいしいのでスープを少し飲んでみたが、痛い

飲み込む時に喉が痛む。

飲みにくいので途中で止めたが、正解である。あとが大変だった。

これまで食べた激辛系のラーメンでは一番おいしかった。

ただこれではあまりにも辛すぎるので、もうちょっと段階を落とせばおいしく食べられるだろうと思う。

中本の北極よりは食べやすかったが、辛さ的には近いんじゃないかな?

井の庄の辛いのよりは断然辛いです。

店を出て歩き出した途端に、胃が痛み出した。

痛い、痛い(泣)

コンビニで牛乳買って中和・・・されたかどうか。

家についたらおなか壊れました。

ぽ子評価です。5段階で、

スープ:うまいかというと、辛すぎる。「4」。

具:この辛さのスープにはもっと救いがほしい。

  「3」。

麺:それどころではなかった。「3」。

総評:でも激辛と謳ってこのおいしさは凄い。「4」。

「ドラゴンラーメン」辛さ+3死亡遊戯 麺硬め