人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

でっちあげ / 福田ますみ

出先で急いでいて、適当に選んだ本であった。

ついこういうのを選んじゃうんだよね、またノンフィクションEE:AE5B1

いや~~、すごい話で、あっという間に読み切ってしまった。

平成15年春、教師による生徒への凄惨ないじめが明るみに出た。

著者もその事件を追いに現地に飛ぶのだが、実際に見えて来たものはとんでもない真実であった。

生徒にアメリカ人の血が入っていることを知ってからの担任は、体罰、言葉による差別、自殺の強要など執拗ないじめを始める。

それによって生徒は重度のPTSDになり、入院、転校を余儀なくされた。

「殺人教師」などと呼ばれたこの担任は裁判にかけられたが、そこでとんでもない事実が次々と明らかになるのである。

とんでもないよ、ホントにEE:AE4E5

こんな人間が実在することに驚いた。

そしてそんな人間がのうのうと暮らしていることに、怒りを感じる。

また事件の真相もそうだが、社会、マスコミの在り方に疑問と憤りが残る。

正義と真実に忠実になることは、そんなにも難しいことなのか。

ぽ子のオススメ度 ★★★★★

「でっちあげ」 福田ますみ

新潮文庫