人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

不可能という文字ならある

金曜日は健康診断の前日で飲めないのだ。

じゃあその分を・・・、と遠慮なく飲んでしまった昨日。

面白い。

本当に面白い程、飲み出すと止まらないぽ子である。

ぽ子の辞書に「ほどほど」と言う文字はない。

ナポレオンめ。

さすがに二日開けると、酒は滅法うまいEE:AEB64

最近ダンナがどこからか超デカいジョッキを見つけ出してきたのだが、もうカッポンカッポン飲んだ。

その横で、娘ぶー子に説教を垂れるダンナ。

ネトゲワールドに出ると、仲間全員酒が入っていた。

飲酒率100%である。

離れていても、同志なのだ。

まるで彼らに誠意を見せるように、さらに煽る。カッポンカッポン。

寝た時の記憶がない。

歯は磨いたのだろうか。

新聞屋のバイク音は聞かずに済んだが、起きてみると寝不足の二日酔いである。

辛うじて焦げたパンをダンナに出すと寝室に戻り、寝ていた。

一応起きる気はあったのだが、気がついたら寝ていたのだ。

寝っ転がっておいて気がつかないもないが、きっとその時は寝るつもりで転がった訳ではない。

だから気がつかなかったのだ。

午前、丸つぶれである。

辛うじて洗濯だけはしたが、時間もやる気もなく、狩人麺(ハンター麺。モンハンラーメンである。笑え)を食べ、次のモンスターの情報を攻略本で読んだ。

そして仕事。

仕事がなければ、本当に私はクズである。

いくらも稼いでないが、寝ているよりはマシだ。

「クズみたい」ぐらいなポジションとして欲しい。

さて、明日さえ出勤すれば5連休である。

とは言え明日は飲めないから、楽しみがない。

こうなったら夜更かしの方で極めるか。

朝までネトゲである。