人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

死者との再会

10連休であった。生活サイクルが乱れ、手抜き更新が続き申し訳ない。

こんな時期にインフルが流行っているらしいが、風邪も地味に流行ってないかEE:AEB2F

人づてに貰ったようで、咳が止まらん。

そんなんで一日寝ていた連休最終日であった。

布団の中でやることがないので、スマホ漬けだ。今回は死後の世界について(笑)

奥様を自死で亡くした方の、とことんまで死後の世界を追求するサイトが非常に興味深かった。

自身は理数系・現実主義者であり、その存在を理論的に証明する方法を模索する。

最初は「死後の世界は果たして存在するのか(=存在して欲しい)」から始まるのだが、霊媒者、退行催眠、セミナー、心霊スポット、宗教に占い、体外離脱への挑戦、ありとあらゆる事を試し、結論へとたどり着いたのだ。

信じる信じないは置いておいても、妻亡きあとに、これだけの執念を持って「妻との再会」の希望へと繋げたことには脱帽だ。

興味のある方は、ぜひどうぞ。↓

Orpheus Journey

で、その中にあった死者と再会する方法に、「鏡視」というものがあったのだ。

簡単に言うと、鏡を通して会う方法なのだが、すごい成功率らしいのである。

まぁ真っ暗な部屋に鏡ひとつと向き合うのだ。変なテンションになることもあるだろう。

会いたい気持ちがそのテンションとマッチングすれば、死者を視覚化することはできるかもしれない。

しかし、思うのだ。

大切なのは、それによって救われることではないだろうか。

さまざまな思いを残したまま別れ、それを消化できずに日々苦しんでいるのなら、こんな方法もあっていいのではないかと思う。↓

鏡視の方法

母に会いたい。

でも、暗闇に鏡が負゚ぎてできないEE:AEB64

これが10連休最終日であった。