人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

大阪王将@東大和

昼に何を食べるのか決めかねたまま出かけたが、車で店の前を通って思わず目が釘付けになってしまったのだ。

のぼりにはこう書かれていた。肉撃

こうして昼ご飯は、ここで肉撃に合いに行くこととなったのである。

 

実は大阪王将は、初めてであった。

近所にないということもあるが、餃子の王将的イメージがあり、あまり気が進まなかったのである。

ところがメニューを見ると斬新な限定メニューが多く、テンション上がってしまった!

迷いに迷って、食べ損なわないよう限定品を注文することにしたのだ。

 

限定の肉撃メニューは、「サーロインステーキ炒飯」。

上に載るステーキの量は、100g(1093円)と200g(1556円)から選べるようになっている。

100gをチョイスしたが、まぁチャーハンもあるし、不足はなかった。

ただ、薄いので「ステーキ」というより「ソテー」という感じで、肉そのものの存在感は薄い。

きのこのソースがかかっているのは魅力的であった。単調になりがちなチャーハンにも、アクセントになる。

 

チャーハンは、かなり油っこい感じで、それだけ食べると飽きる。

そこで先ほどのステーキのソースが映えるのだが、「デミグラスソースで仕上げた濃厚コク旨チャーハン」というだけあり、重厚な仕上がりだ。

 

 

 

 

 

 

 

私が選んだのは、「ローストビーフ丼(825円)」。

これは文句なしに美味しかった!

ベロ~~ンと大きなローストビーフはたっぷり5枚。

味付けは食べるラー油のようなザックリした食感のピリ辛仕上げで、ご飯が進む。

温玉を崩せば、トロリとした白身と濃厚な黄身が広がっていく。

 

 

 

 

 

 

 

「ジャンボ肉汁餃子(454円)」は、肉汁注意!とのこと。

大きいから割ったら、流れてっちゃったよ・・・。

でも大きいだけで、これという個性はなかったかな。

皮がもっと厚かったら良かったんだけど。

 

 

 

個性的なメニュー、定番メニューと揃っているので、何度でも楽しめそうなお店だ。

一度飲みで行ってみたいものである。

 

 

ぽ子評価です。5段階で、

味:3

量:3

価格:3

総評:3

 

 

大阪王将新青梅街道東大和店・食べログ