人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

杖ついて、歌うたう。

朝起きてみたら、全身筋肉痛であった。

ブートキャンプでかなり鍛えてきたつもりだったが、まだまだ足りなかったという事実に脱力だ。

足は前日より良くなっており、力は入れられないが、足をつくことはできるようになっていた。

これにより、右足にかかっていた重心を中心に持っていけるようになり、松葉杖は左だけで歩けるようになったのだ。

かなり楽になったEE:AE473

とは言え、まだ電車バスは不安だったのだ。

休日出勤のダンナが出勤時間をずらしてくれ、合唱本番の会場まで送ってもらう。

リハと練習の後、一度解散してから本番前に集合。

ところが松葉杖だと歩行時間が普段と全然違うのねEE:AE5B1読みが甘かったため遅くなってしまい、集合場所に行ったときにはもう全員スタンバイしており、私が来ないのでてんやわんやになっていたEE:AEB64

なにしろ松葉杖ついていなくなっているのだ。どこかで行き倒れたかと心配かけてしまった模様。ごめんなさいEE:AE5B1

私の遅刻のせいで、出演順が変更になっていたのだ。

今回は指揮者のもっきゅん不在、出演順の急な変更、団員が松葉杖で、「何かあったの??」とお客さんにも心配かけた模様(笑)

歌の方は上々で、先生に褒めていただいた。

でも実は私、全然声でなかったのよEE:AEAC0個人的な完成度としては、酷かった。ごめんなさい。

この後はサイゼにて、もう次の発表会の準備だ。ドイツ語の読みのお勉強。と雑談(笑)

たくさん笑って楽しく店を後にした。

さて、帰りは自力で帰らなくてはならない。

それでもかなり足の状態は良くなっていたので、バスで帰ることにしたのだ。

始発から終点だ、ゆっくり行けるだろう。

心配だったのは降りるときの階段だったが、無事クリアEE:AEAAB

降りるときは「杖と怪我しているほうの足が先」だそうでーす。

もうこれで怖いものなしだ。

地元でダンナと飲み、いつもの週末である。

ところで、終電で帰り、6時半の電車で出勤しているダンナだが、昨日は早く帰ってきたので早く寝るチャンスだったのである。

結局日付が変わるまで飲んでしまい、朝はゲンナリした顔で出かけていった。

こうなるともう、深刻なのは私の足ではない。

あんなに働いて大丈夫なんだろうか。

早く繁忙期、終わらないかなぁ・・・。