人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

週明けの憂鬱

はぁぁぁ~~~、もう水曜日ではないか・・・・・。

 

月曜日にバカンス、火曜日は二日酔いで潰れ、気が付いたらもう週の真ん中である。

二日酔いという不名誉な体調不良に加え、やるべきことができないストレスで精神状態も極めて悪い。

こうならないように、週明けはイレギュラーの予定をちゃんと考えてあったのだ。二日酔いでもできるやつ。

しかし、できなかった。何ひとつ。

具合が悪くて動けない、そのストレスでまた動けない。

分かった、もう、動こうとするからストレスになるのだ、今日はもう動かん!

そう決めて、来週からの週明けをどうしたらいいのか、考え直すことにする。

何も、思いつかなかった。思いつけばもう、やっちょるばい。

身長15センチぐらいにならないかな。猫のお腹で丸くなって過ごしたい。

世の中全てが敵だ。日常のルーティンに殺される。私は月曜日に死ぬのだ。最悪だ、一気に2、3日すっ飛びたい。

長い一日であった。

また来週、あれをやるのか。

しかも来週の週明けは、ガスの点検ときてやがる。勝手にやってくれと言いたいが、ガスコンロの下やら風呂場やらご覧になるのでしょ??ガスコンロも風呂場も玄関から直結してる訳じゃないのだ、その道のりを、ショックを受けないような仕様にしなくてはならない。

いやもういっそ、ビックリするような仕様で一生心に残る日にしてやるか。そうすればあなたには記念日、私は楽になる。

 

そんなことを考えても、気持ちは晴れない。

週明けは、永遠に巡って来るのだ。今週も来週も再来週もず~~~っと、Oh,Yeah!!

本当は、分かっている。ひとつしかないのだ。

悪い友達だ。

違うの、悪いのは私なの、私が変わるから、私が頑張るから、お父さん、お母さん、お願い!

 

うわ~~~ん!!

 

こうしてまた、一週間が始まったのであった。