人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

焼肉の和民@東村山

肉っ腹だったのだ。

「肉が食べたい。」というと予想を上回る「焼き肉」という返事が返ってきたので、飛び上がらんばかりに喜んだことは言うまでもない。

以前食べ放題で良かった和民に行ったのだが、営業形態が変わっていて大変なことになっていた。

これは、焼き肉界の革命と言ってもいいんじゃないか。

なんと、390円均一。正確には390円じゃないものもあったが、安い方なのである。390円を超えるものはなかった。(HPを見たところ、店舗限定かもしれない。)

そうなると内容に不安が出て来るものだが、恐らく以前食べたものと同等で、安くなったという印象だ。クォリティもいい。

食べ放題かというほど食べまくってしまった(笑)

大量の生肉の写真ばかりなので、見たい方だけどうぞ。

同じ肉でも、味違いで注文することができるのだ。これは麻辣味。

正直に言おう。一気にたくさん頼み過ぎて、何が何だか分からなくなった(笑)こいつはカルビか。

 

 

 

 

 

これは豚。

しっかり厚切りであった。

 

 

 

 

 

「トマトキムチ」!

 

 

 

 

スタッフさんおすすめの「ハラミ」と、

 

 

「ワタミカルビ」。本当に、美味しかった!

 

 

 

 

 

「名物!生キムチ」は、生の白菜のキムチ。瑞々しくてとっても良かった。味付けも甘めでGOOD。

 

 

 

 

 

「大とろホルモン」、脂凄い(笑)まぁこの脂がいいんだけど。罪な奴。

焼いたら溶けたのか、かなり縮んでしまった。

 

 

「塩ホルモン」も頼んだはずだが、写真撮り忘れた模様。こっちは脂控えめであった。

 

 

 

 

期間限定「A5和牛の月見カルビ」。

どこがどうA5だったのか、私には良く分からなかった(笑)

すき焼きのように、卵にくぐらせて食す。

 

 

 

 

 

「国産牛極厚鮮レバー」、この厚みよ。

しかししっかり火を通すのが難しかった。結果的にボソボソに。

 

 

 

 

 

これ良かった!「ほたるいかの燻製炙り」。軽く炙って食べる。

しょっぱい中に、燻した香り。キャンプの味がした。

 

 

 

 

 

生食肉もあり。メニュー撮り忘れ、正式名称わからず、生ハムユッケ。

 

 

 

 

 

「赤身のカルビ」。

 

 

 

 

 

「ロース」。

 

 

 

 

 

前回食べたのと同じなら、「ハニップチーズのトントロ」かな??

 

 

 

 

 

これは普通のトントロ。

 

 

 

食べ過ぎた(笑)

安いのに、どれもしっかり厚みがあり食べ応えがあった。

回転寿司の登場の如き、焼き肉界の大革命である。

もう他のお店に行かれる気がしない。

 

 

焼肉の和民・HP