人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

変身

「どっ、こら、しょ、と・・・、イテテテテ・・・・・フゥ。」

この頃立ち上がるのに難儀するようになってきたのだ。何かに掴まらないと、立ち上がれない。

なぜ痛い??

心なしか、「よっこらしょ」も以前とは違う響きになってきたような気がする。あんな景気づけみたいなのではなく、本当によっこらしょ、なのである。

思えばダンナは、もっと前から「イテテテテ」と言っていた。

もともと体が硬かったのだ。ストレッチをやると、ふざけているのかと思う程、曲がらない。

あぁ、私もそっちの領域に入ってしまったのか。

ストレッチを毎日やろう。

しかし何をやるのか具体的に考えようとすると、そこから先に進まなくなってしまうのだ。

それは偶然からだった。

ふざけて「変っ身!!」などとやった時に、これだ!と閃いてしまったのである。

「この『変身』のポーズはストレッチにならないかね!?これは誰がやってるの??」

「えっ!?これは仮面ライダーだと思うけど・・・。」

「YouTubeに仮面ライダーの変身集ないかな。」

それに倣って一緒にやれば、ちょっとしたストレッチになるんじゃないか。

変身シーンを集めた動画は、すぐに見つかった。

早速流してみる。ダンナには、懐かしい動画だ。ワクワクしながら食い入るように見ている。

仮面ライダー1号。2号。

「V3、次はライダーマンだよ!」

「X・・・、次は、おおーアマゾンアマゾン!!」

仮面ライダーストロンガー、仮面ライダー(新)。

「仮面ライダースーパー1?」

思ったよりも長いシリーズのようである。

ZX、BLACK、BLACK RX、仮面ライダーシン、ZO、J。

すでにダンナの知らない時代に入っている。

クウガ、アギト、なぜか音にだけ覚えのある名前。娘ぶー子の子供の頃か?

龍騎、555,剣。

響鬼カブト、電王、キバ、ディケイド。ディケイド(笑)

ダブル、オーズ、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウ、ゼロワン、セイバー、リバイス。

全部見てしまった。酔いも回った。

ストレッチどころではなく、特撮技術の向上、イケメンの向上ぶりが面白かった。

最後のリバイスは2021年となっているから、現在も放映中なのかもしれない。

仮面ライダー変身ストレッチ、長すぎて却下。

他の方法を考えなくては。