人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

新しい音姫

「音姫ってさ・・・。」

音姫。

ダンナの口から「音姫」という言葉が出て来るのは、おかしな気持ちである。

「音姫って、オシッコの音を消すんだよねEE:AEB2F」まぁそういうことです。日本の女性は恥ずかしがりなのである。音姫が登場する以前は、実際に水を流して音を出したものだ。節水のために開発されたのが、この音姫なのである。

「でもさ、EE:AE4F5の音って消えるのEE:AEB2F」えEE:AEB2Fそんなこと、考えたこともないよ。普通警戒して遠慮がちに出すだろうから、音姫が勝つんじゃないEE:AEB2F

「だってね、例えばギターの音の上にもっと大きなギターの音をかぶせれば消えるけど、ギターでベースの音って消せないよねEE:AEB2FEE:AEB64EE:AEB64EE:AEB64

「だったらもっと音色を変えた方がいいんじゃないかと・・・。」

同じ音色で消すとなると、屁音の音姫EE:AEB2Fもはやそれ、音姫になってない、余計に恥ずかしいじゃないか。

「いやいやそこまでしなくても、例えばラッパ系の音とか・・・。」確かに、ラッパなら上手く被りそうな音域である。でも・・・、

「でもさ、それラッパ鳴ってるっていうことは、EE:AE4F5してます~EE:AE595って知らしめているようなもんだよねEE:AEB2Fそんなもの、よう押せんわEE:AE482

「そうか。男はさ、個室入ってる時点でバレバレだからなぁ。」

「女は全員、絶対EE:AE4F5なんてしませんから、って体でトイレに来てますからね。」

 

面倒臭い生き物である。

まぁ男性方には、その辺を神秘に感じて頂けたらいいのではないかと思う。