人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

現実へ帰り、再び逃避する。

家事がしたい、したくてたまらない・・・。

しまいには、そんなことばかり考えていた。

追い込まれると、逃げたくなるものである。

実際これまでは逃げてきたが、もう逃げる猶予はない。ライブの日は迫っていた。

洗濯がしたい、床拭きがしたい。

異常な心理状態であった。

そしていざライブは終わり、家事ができる時がやって来た。

大きなイベント終えた達成感と安堵で、とても家事という気分ではない。

しかしこちらも今では抜き差しならぬ状態になっており、逃げは許されなかった。

衣替え、しないとEE:AEB64

長袖を一枚ずつ引っ張り出して着ていたが、その量も増えて来て、夏服の入っているタンスでは収容しきれていない。

タンスの上には畳んだ服、脱いだ服が入り混じって積み重なっていた。

ブルッ、寒いEE:AE5B1

パジャマはまだTシャツだ。

エアコンのリモコンは電池が切れており、猫にも寒い思いをさせていた。

ここからケリをつけるとするか・・・。

冬服のしまってある部屋へ行くと、クローゼットの前には半袖の服が山積みになっていた。

タンスに長袖が入らないから、少しずつ半袖を移動させていた賜物である。

これにて昨日の衣替えは終了した。現状把握。これだけでもうどっぷりと疲れてしまったのである。

今度は、家事から逃げるためにバンドの練習をする番である。