人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

諸刃の剣(ゲームネタではありません。)

頑張ったような頑張らなかったような一週間であった。

しかしスケジュール帳で1月を振り返ってみると、結構しっかり予定が入っていた。1ヶ月のトータルでは頑張ったと言いたい。

この成果は、節酒とコーヒーによるものと思われる。

極力平日は飲まないようにしてきたが、この頃酒に弱くなったのか、週末飲み過ぎるといつまでもそれを引きずるようになったのだ。

例えば「酒解禁EE:AEAAB」と金曜日にとことん飲む。

次の日はひどい二日酔いだが、たいてい何らかの予定が入っていて飲まざるを得ない事が多い。

そして日曜日はいよいよグロッキーだが、休日に飲まないと損したような気分になるので無理して飲む。

そうすると月曜日はもうゲッソリだ。

当分いい、・・・と思いつつ気がついたら金曜日、そんなサイクルができつつあった。

飲まなければ翌日は体が軽い。

睡眠障害は薬が解決した。

これでかなり平日は爽快になったが、これだけではまだ甘い。睡魔の誘惑とは、そんなに生易しいものではないのである。

そこで、ダンナを見送ったらコーヒーを飲み、ブログの下書きをしつつ完全なる覚醒に向かおうという事である。

これは大成功だ。

後は「プシュー」といって空気が抜けないようにするだけである。具体的には意味なく座らないこと。

2IN、1OUT作戦。

薬とコーヒーを切らさず、酒は入れない。

しかしある日、コーヒーがなくなりそうになっている事に気づく。

大事な覚醒剤だ。2つのINも、1つのOUTも欠かせないのである。

年末のことで、まだ娘ぶー子は家でゴロゴロしていた。

動かなくてはならないのは私も同じだが、娘をゴロゴロさせて自分ばかり動くというのは納得がいかない。

納得したかったのでぶー子を使いに出したのであった。

「業務スーパーで一番安いコーヒー。挽いてあるやつ。」

ごくシンプルなお使いである。

しかしぶー子は間違えてインスタントコーヒーを買ってきた。

はたちにもなってこんな間違いをするやつがいるものかと憤ったが、考えてみればぶー子はコーヒーを全く飲まない。

ついでに言うと、ビールも飲めないお子ちゃま体質であった。

恐らく初めて買ったのだろう。インスタントと豆の挽いたやつとの違いも分からなかったのである。

「あ、そう、ハハハ。」で済んだのには腹が立ったが。

しかし、「あ、そう、ハハハ。」で済まされてしまったのだ、これは観念して消費するしかなかろう。

別にインスタントが飲めない訳ではないが、風味が全然違うので進んで飲むことはなかった。何となく覚醒パワーも低そうである。

濃くして飲んでパワーアップと早期消費を狙ったのだが、やっと今日、最後の残りカスを飲み終わったのだ。

長かった。

そう、残っていたのはほんのカス、ティースプーンに軽く1杯ほどである。

なのでこれにやはりほんのカスほどの湯を入れ、エスプレッソとして飲み終わったのだ。

しかしこれでは全然覚醒量には足りないので、新しい袋を開ける。「挽いたやつ」。

さぞかし旨かろうと期待したが、最初の感想は「腑抜け」であった。

これまで濃くしすぎていたようだ。

何か、インスタントの方が美味し・・・、いやいやッEE:AE4E5そんなこと、あってはならない!!

ちゃんと挽いた豆よりインスタントコーヒーの方が美味しいなんて、一風堂よりポロ一の方が美味しいと言っているようなものである。あ、あり得るか(笑)

まぁ比べるジャンルではないが、ジャンクはジャンク、ニセモノはニセモノである。「それなり」であって然るべきだ。

私は経歴を汚す「インスタント」の存在は忘れるように努めた。あんな過去は封印である。知らない、そんなものは飲んだことがない。

イコール、これ美味しい、である。

これよこれ!!と言い聞かせて、3.5人分のコーヒーを飲んだ。

以前の配分と同じだったが、もっと濃くて良かったかな??

いや・・・・・・。

何か気持ち悪・・・・・。

飲み過ぎか?

インスタントの時とさほど変わらないはずだが。

オエッ、なにこれ、まるで二日酔いだよEE:AE5B1

確かに覚醒効果はインスタントよりも強いが、ダメージもそれなりである。こういう武器ありそうだな。

どうやら空腹時に飲むと胃を刺激して良くないらしい。

2IN1OUT、朝食1st。

来週からは負けない。

コーヒーめ。