人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

やっちまった

激しい二日酔いだ。

もちろん仕事だってある。

何でこんなに飲み過ぎたのか?

昨日はクリスマスという、世界で一番有名な人の誕生日であった。

こりゃあ飲まなきゃいけないと、頑張りすぎた。

「なんのこれしき、前は1時2時でも平気だったじゃん。」という気持ちだったが、とんでもない、派手な二日酔いで、午前中は死んでいた。

くっそー、明日は仕事が休みになったのだ。

だったら今夜しこたま飲んでやろうと思ってたのに、何てザマだ。

オエ~、オエ~、もう飲めない。

起きてカップうどんの「赤いきつね」を食べたら、もうソファでグッタリだ。

さっき起きてうどん食べてもうソファでおねんねだ。

ギリギリまで寝て、15分で支度して仕事に行った。

目覚ましのコーヒーが、龍角散ほどにマズかった。

仕事をしているうちに、少しずつ具合も良くなってきたが、その代わりに今度は腹が減って眠くなってきた。

眠い、腹減った。

帰りにはチキンを買って家に向かった。

家の入ると何と、クソ散らかっていた部屋がきれいに片付いていた。

娘ぶー子である。

友達が来るからリビングに入りたいと言っていたのだが、こんな恥な部屋には入れられないと断ったのだ。

昨日の夜、酔っ払っていた段階では、快諾したのだが。

おー、そんなにゲームやりたかったのか。

片付けてくれるんだったら、ゴミ捨てなんかしないでもっと散らかしておけば良かった。

江原啓之スペシャルを見ながらやっているが、「ほら、そこにいるから。」の一言でもうウルウルだ。

では本腰入れて見るとします~。