人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ぽ子の休日 その2

「渋谷2」の交差点を曲がれば、もうすぐである。

11時・・・。

開店まであと30分もある。

実は私が食べたいのは「ギガ豚骨」という、昼にしか出さない、しかも数量限定のメニューである。

その数は1日2食とも5食とも言われ、ちょっと遅いと食べられないようなものなのだった。

日によって違うそのギガ豚の、本日の数量がわからない。

ここまできて、こんなに早く来たのに、どこかでちょっと時間潰してたら食べ損ねたなんて嫌だもんなぁ。

私は30分並ぶ事にした。

本当にこっ恥ずかしい。

女ひとりでラーメン屋の行列の先頭、しかも30分も前からだ。

入ったら入ったで「ギガ豚骨お願いします、麺硬めで。」と言わなくてはならない。

ギガ豚骨。

ちなみにメガ豚骨もあるのだが、お前、それじゃ我慢できないのかよ、そんなにギガ豚かよ、しかもラヲタっぽい「麺硬め」(泣)

極め付けに「写真撮ってもいいですか?」をやらなくてはならない。

女のひとりラーメンは、かなり辛い。

でもギガ豚凄かった!!

頑張って良かった!!

ちなみに今日は3食でした。

さて、食べたらショッピングだ。

ここまで結構歩いたから、ここからまた結構歩かなくてはならない。

しかし、来た道は高速沿いで殺風景だったから、帰りはコースを変えてみた。

もうマップはナシだ。

だいたいの方向はわかってるんだから、気ままにブラブラ行こう。

あぁいいな、この感じ。

誰にも迷惑かけてませんよ♪

しかし、行けども行けども、渋谷駅っぽい感じになってこない。

ちなみに、またハチ公前に向かってるつもりでいた。

くどいが、そこから出発しないと訳がわからんのだ。

まわりの看板や名前も「青山」というのが多くなってきた。

ほー、そうか。

渋谷と青山は近いんか。

しかし、目的地は青山ではない。青山が渋谷区だとしても。

オフィス街である。

こういった冒険は結構好きだが、ここで体力と時間を消耗したくない。

あせって歩き回り、やっとパルコの前に出たときには結構疲れていた。

まずはハンズに向かった。

いつ行っても混んでいてゆっくりできなかったのだ。

平日の昼だ。

ヤホ~!!

最上階から舐めるように見つくしてやる。

・・・最上階は「模型・ホビー・プラモデル・自転車」であった。

しかし、迷ったがちゃんとそこから始めて、店内グルッと回った。

本当にプラモと自転車であった。

しかし待望の「ひとりショッピングハイ」の影響で、楽しく見て回る。

そう、気分はハイなのだ。余計なものを買う危険がいっぱいである。

私は自分の貯金を下ろし、懐も暖かくしてきた。

自分の金じゃ、どんなにくだらない物でも買っちゃる。

この気持ちがさらに私の買い物ハイを盛り上げるのであった。

本当に上から下まで舐めるように見て回ったが、危ないところであった。

私はグリーティングカード類、動物のかわいいもの(写真、ぬいぐるみなど)、ラッピング、シール、便箋などに弱いのだが、

ぬいぐるみ以外はすべてあるひとつのフロアに入っていた。

どれも欲しい。

カワイイ。

金はある。

しかし、贈る相手がいないのだ!!

恐らくひとつ買ったら、なし崩しに欲しいものをガバガバ買っただろう。

贈る相手がいないことに感謝だ。

1階に戻ったときには、すっかり疲れ果てていた。

でもまだロフトがある。

とりあえずロフトに行ったが、3階あたりで「見てるだけで何の感動も起こっていない」ことに気づいた。

そこへ、「ビールを飲んだらさぞかしうまいだろう」と思い、急に早く家に帰りたくなった。

いいや、来週また来よう。

帰ってビールだー!!

家に着いたのは4時、飲み始めたのは4時半、もう6時だ。

順序が逆になるけど、これからラーメンの記事を入れる。

すぐ寝ようと思ってたんだけどなぁ。