人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

丸源@東久留米

今回の二日酔いは、ダンナだ(笑)

お互いに食べたいものがあったので、丸源へ。

限定の台湾ラーメン目当てである。

今回は「痛辛」というバージョンが出ていたので、それを食べたかったのである。

「辛過ぎですので、お客様の判断でご注文ください」との注意書き。

チェーン店の激辛と侮っていたが・・・。

唐辛子、ドッサリEE:AE482

粉末に輪切り、ハンパな量じゃないぞ。唐辛子ってこんなに食べられるもんなのEE:AEB2F

たじろいだが、過去に、見た目ほどではないことが何度もあったので、とりあえず唐辛子込みで食べてみた。

意外と辛くもなく、素っ気ない味だ。普通バージョンはかなり物足りない味なのではないか。

などと思いながら食べ進めていたら、辛さは遅れてやって来た。

激辛でございます(笑)その名の通り、痛辛。

辛さの原因がどこにあるかは明らかなので、それを食べなければいいだけのことだが、この唐辛子を食べなければ痛辛を頼んだ意味がないのである。

涙チョチョ切らせつつ、もれなく唐辛子も食べた。

それでもフレッシュな唐辛子の旨みがあり、辛旨なのが救いであった。

ただ、もうほんと、ただの辛氏B台湾もなんもあったもんじゃない(笑)唐辛子ラーメンだ。

もとのスープがスッキリして主張がないので、ただただ唐辛子である。

加水率の高いプリプリ麺は、軽く歯ごたえがありとてもいい。

トッピングは唐辛子を除けばほぼもやし。

そう思うと、普通バージョンはあまりおすすめしない。

達成感はある(笑)

激辛に挑みたい人にのみ、どうぞ。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:4

具:2。唐辛子で+2か。

スープ:2。唐辛子で+2か。

総評:美味しいという意味では2。激辛評価としては4。

「台湾ラーメン(痛辛)」

麺は好き。