人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

前編・Lost in 家事

さて、今週も木曜日がやってきたのだ。

今度は土曜日にリハ、日曜日に本番だ。

で、練習の進行具合だが、コピーは全て済んでいるのであとは練習しろ、という段階である。

厳密に言うと、シンセの音色のセッティングができていない曲については、練習ができない。

音色なんか何でもいいから練習しろと言いたくなるかもしれないが、音色によって左右で弾く範囲が違い、これもセッティングが終わらないとどう違ってくるのか分からないので手が付けられないのである。

その2曲を除いても、楽ではない。

本番4曲とリハに向けての練習をしなくてはならないのだ。

時に昨日水曜日は、壮絶な寝不足であった。

寝たい、やらなきゃ、の葛藤があり、家事に逃げる。

やらなきゃならないことがある時ほど、他の事に気が行ってしまうのだ。

午後2時。

私はまだ練習もしないで、ルンバの車輪のゴミをほじくっていた。

こういう作業はどこか狩猟本能を刺激するようで、束になって絡まっているそれを仕留めようと、私は躍起になっていた。

練習どころではない。

長い時間をかけてそれを綺麗にすると、今度は猫のトイレ掃除・みっちりバージョンだ。

いつもクイックバージョンなので、こちらもやりがいがある。

あぁ、練習しようと思えば思うほどに、家の中のアラが目についてくる。

やがて観念してシンセを出してきたが、イモヅル式に気の重いことを思い出した。

ソロ弾けないんじゃんEE:AE5B1あそこ、どうしたらいいのよEE:AE5B1

超早弾き、というか、打ち込みだろうか。私にはとても弾けない。

実は一度セッションでやったことがあり、大恥をかいた曲である。もう同じ轍を踏みたくない。

何とかしなくては。

~つづく~