人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

凪@渋谷

今度は「メガ豚骨」を食べようと決めていた。

何よりダンナにもあの強烈な「ギガ豚骨」を食べて欲しかったし、もう今日の休みは確定していたから、またまた渋谷の凪に行こうと決めたのだ。

11時10分ぐらいに、店の前に並んだ。先頭だ。

すると中から店員さんが出てきて、「雨が降ってますので、裏の屋根のあるほうでお待ちください。」と案内してくれた。

のっけからやってくれます。この心遣いがたまらない。

裏に移ると今度は店主様が現れて、「あ、これ、お歳暮でもらったヤツですけど良かったらどうぞ。」とみかんのダンボールを指した。

外は小雨が降って寒かったが、そんなことを忘れさせてくれるような暖かさである。

開店5分前に、サラリーマンのおじさまが4人、私たちの後ろに並んだ。

「メガ豚骨」「ギガ豚骨」などの言葉が聞こえてくる。

そういえば今日のギガ豚はいくつなんだろう?

席についてメガ豚とギガ豚を頼むと、次のおじさま達もギガを頼んでいた。

ところが何と、「申し訳ありません、今日は1食だったので、もう終わってしまいました。」と聞こえてきた。

ええっ、1食だったの!?

早く並んで良かった。ダンナもわざわざ休みをとって来たのだ。

私は今回は「メガ豚骨」を。こちらも濃厚なパンチのあるラーメンらしい。

具も色々乗ってますし、と前回店主様が何気に勧めてくれたものだ。

出てきたラーメンは、確かに色とりどりで鮮やかなもの。

レタスが印象的だ。

スープを飲むと、ほんのりと魚介の風味があるトロリとした重いスープだ。

深い味わいでとてもおいしい。

硬めで頼んだ麺はギガよりも太め。

熊本系のような、一見ボソボソしてそうな感じで不安だったが、ボキッとした感じのコシがあり、これは凄いぽ子の好みです。

このバッキリ硬い麺が、こってりしたスープに良く合っています。

レタスはちょっと微妙~~~。青臭さが浮いてしまう感じ。

ただ、スープに漬けて柔らかくすると「これもありかな?」ぐらいにはなる。

チャーシューはやっぱり絶品!!

炙ったような香ばしさ(炭火?)、脂が乗りしっかりした味付けで、これだけでも「焼肉♪」と言って食べられる程。

シャキシャキのタマネギがこってりしたスープに良く合います。

食べ進むと、中からひき肉のかたまりのようなものも出現。

おお~、色々入ってますね。

柚子こしょうも出てきました。

最後まで飽きずに、スープまで飲み干してしまいました。

100円の替え玉に心揺さぶられましたが、結構ボリュームがあり、満足してしまいました。

おいしかった。

「先週来ましたよね?」

覚えててくれたんだ~。嬉しい(泣)

店主様も帰りにまた出てきてくれて、軽くラーメン話をしてくれた。

松戸にある「とみ田」というお店を勧めてくれました。

こんなあたりが何というか、人情味あふれるお店だなぁと感動してしまう。

今度は夜来たいなぁ~~。

ぽ子評価は、もちろんオール5でっす。

強いて言えば、卓上アイテムがもっとあったら、替え玉時に楽しめそうなんだけど。

「メガ豚骨」麺硬め