人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

アートとは

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

土曜日の予定。

・新宿でモーニング。

・青山でホンダのショールーム。

・乃木坂のギャラリー。

・六本木のフジフィルムギャラリー。

・東京駅でカレー。

・義実家へ贈り物の手配。

ホンダのショールームに、実物F1マシンが展示されていたのだ。ダンナが見たいというので行ってきた。男衆が群がっていた。

乃木坂のギャラリーでは、メンズリングコレクションの展示。新聞に載っていて、綺麗だったので見たかったのだ。無料だし。

フジフィルムの方も、無料で写真が展示されているというので見てきたのだ。

カレー。東京駅があまりにも広大かつ複雑で、どえらい迷った。一日遊べそうな場所である。いつかまた。

贈り物の手配はそのまま東京駅の大丸で。同じフロアでまた「大現代アート展」なるものを無料でやっていたので観ていった。

どれもそれなりに、感銘を受けた。

「芸術作品は、どんなものであれ人の心を動かすのだろうか。」そんな疑問が湧く。壺の展覧会で感動している自分を見てみたい。

しかし最後の大現代アートで、それはないことを知る。何だあの絵は。というものも、存在したのであった。あのアーティストの展覧会は、何も私にもたらさないだろう。

誰かにもたらすのかも、疑問だ。結構な高値が付いていたが。

世界人口78億人、これだけいれば、誰かしら共感する人がいるのかもしれん。

ジャズのアドリブ然りで、私が適当にやってももしかしたら何人かは釣れるのではないか。

そんな気持になった週末。

写真のカテゴリーで、いずれ様子をお届けします。