人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

休日、自宅にて。

水素水、だ~れも飲んでくれないんですけどEE:AEB64

私が試しに飲んでみたところ、普通に水であった。

それでも彼らには、何らかの違いが感じられるようである。

水素水よ、奇跡以前に飲める水になってくれ。

で、昨日は娘らと家飲みである。

このところ4人揃うと、ポンジャンという子供用マージャンをやっている。

マージャンに比べて役が少ないので簡単そうに感じたのだが、実際には役が少ない分制約が多い。

ポン、チー、カンもできないなどの縛りもあり、かえって難易度が高くなっている感じだ。

それが原因ではなかろうが、これまで私は1回しか勝てていない。1回。

この記念すべき1回が昨日だったのだが、みんな「腹が立たない。」「おめでとう。」というリアクションで、自分がオミソであることを知った。

アナログゲームは会話が弾むのがいい。

テレビゲームでも盛り上がるが、会話の質が違うように思う。

不思議なことに、平成生まれの娘らとやっていても、会話が昭和だ(笑)

いくつかの名言が生まれては、酔って忘れ去る。

刹那な世界である。

勝てないので、飽きた。トランプを提案する。

延々、大貧民だ。これは面白かった。

大切なのは、プレイヤーの実力の差があまりないことだと思う。

時々ダンナとヘタクソどうして格闘ゲームなんかをやったりするが、対等なのでこれはこれで楽しめるものだ。

昼夜逆転している娘らは、「もう眠い」と言って思ったよりも早い時間に帰って行った。

残された私とダンナはセブンブリッジらしきものとポーカーらしきものをやったような気がするが、もう酔ってルールも思い出せない状態だ。

こんな感じでフェイドアウトされた夜であった。

ラッキーは、悪いなりに安定している。

ご飯は全く食べていない。輸液と水で生きている状態だ。

まだ、歩いてはいる。

頑張っております。