人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

予想、的中・その後

予感、的中・2のつづき。

仮にディスクがまた立ち上がるとしても、そこそこ時間が掛かることが予想されていた。

ゲームをやるのは夜、全ての家事を終えてあとは寝るだけ、となってからである。そこから立ち上げ作業をやると、遅過ぎる。

皿洗いと並行して、ゲームの立ち上げ作業をすることにしたのだ。

しかし立ち上げ作業とは、ディスクの動きが止まったらPS3のフタを開けてまた閉める、ディスクが動き出す、この繰り返しでまさに「作業」。その間、数十秒。皿を洗いながらでは、非効率であった。

そこでダンナが立ち上げの方をやってくれたのである。

私は皿洗いに集中した。どうせすぐには立ち上がらないことは予想できた。

ダンナは本体を動かしたりしながら、色んな方面で試している。

やがて、「あ、あ、立ち上がった・・・。」と心細い声を上げた。

えっ、意外と早かったね、でもなんでそんな弱々しい言い方で・・・、皿を洗う手を止めて見に行くと、ダンナは本体を斜めにした状態で宙に浮かせて固まっていた。

「・・・この角度のまま置けないかなEE:AE5B1

神の子イエスの誕生かのように、PS3を捧げ持つダンナ。少しでも動かすと止まりそうだという緊張感が伝わってくる。

何かに乗せるかもたれかけさせるか、キョロキョロ探すも、なかなか都合のいいものが見つからない。

「あれ、ダメ?猫ハウス、今大五郎寝てる??」ね、猫ハウスぅEE:AEB2F

猫ハウスとは、文字通り家の形をした猫用の小さなハウスである。屋根を取っ払ってあるので、壁と床だけの状態になっている。

ちょうど大五郎は留守していたので、空のハウスを持って行く。ダンナはその中に神の子を入れ、本体の持ち上がった側を壁にもたれかけさせた。神は安定した。有難き奇跡である(笑)

こうしてこの夜は何とかプレイできたのだ。

下手に動かすのも怖いので、本体はまだ猫ハウスに入ったままである。

大五郎は、大きな「猫まくら」で寝ている。