人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

AFRIKA・85

古い依頼から片づけていく。次は、「ホオジロカンムリヅル」。

これはキボコ湿原で偶然見つけ、登録だけはしてあった。

その後も一応同じ場所で探してはみたんだが、見つけられなかったのである。

攻略サイトによると、やはり場所は同じあたりであった。ドゥーマとの出入り口に近いあたり。

また他に、コロンゴの浅瀬にも降り立つポイントがあるとのこと。

前回の場所では見つけられなかったので、コロンゴの浅瀬に向かうことにした。

とはいえ、ポイントを見つけるのが難しい。闇雲に歩き、、偶然出会うのを待たなくてはならない。

やがてその偶然がやってくる。

ココ!というシビアなポイントではなく、「このあたり」という小さなエリアだ。数もそこそこいて、入れ代わり立ち代わり下りて来るんだが・・・。

すぐに飛んで行っちゃうEE:AEB64

ズームやアングルの調整している間に、いなくなっちゃうのである。

かと言って、近くには寄って来ない。

ちょうど登れる木があったので、そこでスタンバッていると、一羽が飛び立たずにゆっくり歩き出したのだ。

このままでは遠いので、木から下りて追いかけてみた。

結構近くまで寄れはしたんだが、追っているので背中になってしまう。

何とか前に回ろうと追いこしたところで、逃げられてしまった。

難しいEE:AE474

恨めしく空を眺めていた。いつでも撮れるように、カメラは構えておく。

どうせ地上に下りたところで遠いのだ、飛んでるのも撮っておこう。

依頼では、「頭に羽のついた美しい姿」を撮れとのことである。

頭の羽がしっかり見えるほど、大きくは撮れなかった。

でももう面倒だEE:AE4E6

背後からだけど羽が比較的見えるやつと、

写りが悪いけど正面からのと、

迷ったが、所詮ゲームだ、機械判定になる。ここはやはり「正面」だろうEE:AEB30

後者を提出。

距離以外はマーベラスだ、これでB判定なら満足である。

では、次。

一日一枚だなぁ、もっとサクサクいきたいんだけど。