人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

玉ねぎとチーズケーキ

ダンナの帰りが遅くなるとのことだったので、残り物食材を片づけることにしたのだ。

お酒も飲みたいし、飲みながらダラダラ料理して夜を過ごそうじゃないか。

こうして呆気なく「平日飲まない」の揩ヘ破られるのである。

カタをつけたかったのは、キャベツと人参とりんごとトマト。

だけの予定が、買い物に行って半額の赤エビを買ってしまったので、これもノルマに。

それぞれ、

①コールスロー(キャベツ・人参)

②りんごとひき肉のチーズ焼き(りんご)

③スープ(トマト)

④雑炊(赤エビ)

⑤ビスク(エビの殻)

⑥チーズケーキ(りんご)

ひと晩あれば、クリアできないか。

最優先は、チーズケーキにした。

実は①と⑤に必要な玉ねぎがないことが買い物後に分かり、後回しにせざるを得なかったのである。

そこで玉ねぎは近所に住む娘ぶー子に分けて貰うことにし、その代わりにチ<Yケーキを持って行ってもらおうと思ったのであった。

チーズケーキ。

私は典型的な辛党なので、甘いものを自ら食べることは滅多にない。なので、作るなどということはそれ以上にないのだ。

ぶー子が小さいうちに何度かあったぐらいで、「手作りケーキを作る(家庭的な)おかあさん」というものとは、ほど遠かったのだ。

チーズケーキかw 我ながら滑稽だ。ぶー子からは「え!!!まじ!?!!なんでどうした!?」というLINEが来た(笑)

ところでなんでりんご消費にチーズケーキなのかというと、トッピングに使うレシピがあったのである。

ピザ用チーズを混ぜた、「甘じょっぱい塩チーズケーキ」。何となく大人の香りがする。

細かく刻んだりんごのソテーが、表面に散らされて美しい。

何十年ぶりだ~、ケーキなんか作るのEE:AE482

中途半端に足りなかったクリームチーズにはKIRIの小さな小分けされたのを足したのだが、間違えてオニオンの買ってしまったEE:AEB64ケーキにオニオン。

これに大量の砂糖を混ぜる。驚愕の量である。背脂とどっちが罪深いのだろうか。

粘土のように重くて硬いチーズに、サラサラの砂糖である。電気の力を借りた。ハンドミキサー。

大変だったが、面白いEE:AE478

猫のことで頭がいっぱいだったのだ。気が紛れて良かった。

これより大変だったのは、りんごを細かく切ることであった。

スライスしたら3枚ほど重ねて縦横に切っていったが、もうちょっと何とかならんものか。フードプロセッサーで細かくなるのかなEE:AEB2F

と言うのも、もう1回作りたいからである。できあがったケーキはほのかにオニオンであった(笑)

それ以外はこれといった失敗もなく美味しかったので、もう少し甘さを抑えたバージョンでまともなヤツを作ってみたくなったのだ。

結局この晩は、これだけ作って終わってしまった。

ケーキを作ると晩ご飯が作れないことが分かった。

チーズケーキにオニオンが合わないことも。