人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子55歳。

実験・果たしてあなたはこれでも飲まないのですか。

月曜日。

結局また日曜に飲んでしまったので、体調は激悪だ。気持ちも荒んでいて、本当に忌々しい。苦しい一日である。

前日は食い散らかした後片付けもせず、弁当も朝ご飯も作らなかったのだ。バツが悪い。晩ご飯は頑張らなくては。そんなプレッシャーもまた辛い。

 

何のメニュー思い浮かばないまま、買い物に出る。

いつものスーパーに行くと、酷く混雑していた。どうした??

お店に入ると、野菜が叩き売り状態であった。どうやら翌日、設備のメンテナンスで休む模様。生鮮物を売り切ってしまいたいらしい。

 

とにかく手当たり次第にカゴに入れて行った。魚も最後の値下げに入っていた。もう「今晩何を食べる」などではなく、「安い」というものを選んでいく。そしてやがて気付く。カゴを見れば「・・・一杯やれそうなラインナップじゃないか。」

そこで私は、実験をすることにした。

今日は月曜日である。一週間の始まり。そして私もダンナも、飲み過ぎが続いてかなりダメージがある。

こんな日に、予告なく食卓につまみが並んでいたら、果たしてダンナは「じゃあ飲もう」となるだろうか。

決定打はダンナに踏ませればいい。私は「実験」という名の「誘い」を仕掛けることにした。

 

果たしてテーブルには、刺身こんにゃく、まぐろ納豆、冷奴、豆もやしのナムル、ネギチャーシュー、厚揚げのチーズ焼き、生ソーセージのボイルが並んだ。

さすがにこのラインナップ、何かを感じ取ることだろう。

 

「つまみか!」まずダンナはそう言ったが、それっきりである。普通に座って普通に食べ始めた。

「え!?いいの!?一応(ビールを)買ってあるけど!?」

「えっ!?まじで!?・・・いやぁ、いいよ、もうさすがに・・・。」

いいの!?

こうして仕方なくつまみをモグモグ食べていたが、やがてダンナは突然「・・・これはつまみだよなぁ。」と手を止めた。

「そうだよ!私は構わないんだよ!」もう決定打は私でいい。

「じゃ、やりますか。」

 

こうして無事、飲む運びとなった。

と言うことで、また飲んでしまいました。

なんだろう、飲みが続くと時々ヤケクソになってくるというか。どうにでもなれ、みたいな気持ちになるのだ。そういう意味では今夜も危険だ。

この辺で断ち切らなくては。

 

もう週末まで飲みません!!