人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

真鶴TRIP

もう忘れかけている。忘れ果てる前に、12月の真鶴旅行の写真を残しておきたい。

超大量なので、興味のある方だけ、どうぞ。

 

着いたのは、昼頃だったか。

 

 

坂が多く、小さな階段も多い。

先に見える家の門、石の部分に味があっていい感じ。

 

 

「この私の芸術センサー、どうよ!?灰色の階段に、木の実の赤が映えるってやつ。このセンス、分かる!?」

撮れた写真はこれだ(笑)

 

空を舞う、鳳凰。

 

あ!

 

 

猫!

 

逃げないで・・・、逃げないで・・・。

 

 

コンニチハー。

 

 

ズーム!

手を伸ばしたら、走って逃げてしまった(笑)

 

 

あそこに今夜の宿が見えた時の気持ちよ。

 

 

昼食を食べたら、真鶴岬の方へバスで向かう。

岬にて。

 

 

三ツ石。

干潮時には歩いて行かれるらしい。

 

 

帰りは歩く。

何かの像。とりあえず撮った。誰?(笑)

 

 

「西部警察」で使った消防車がある。

いやべつにだからなに。西部警察、見てなかったし。

水放水能力、3800リットル/分ですって!!言ってみる。

 

 

モアイ。こっちの方がビックリだわ。

 

港が近くなると、「まるでニースだねw」、ニースに行った時には「まるで熱海だねw」と言ったダンナである。

 

 

こういう古い小道が好きで。

 

 

凄くいい感じ。

あ、猫さん見えます??

 

ズームで粗いですが。

 

 

昔はお店だったのかな??

 

 

こちらはモナコ。ヘアピンカーブです。

 

日が傾いてきました。

 

港に到着。

そして宿へ。

宿の話はこちら。

e-poko.com

e-poko.com

 

翌日。

古い建物そのままの、干物屋さん。立派。

 

階段、小道、古い建物。

 

階段。

 

 

小道。古い家。もういい??

 

あ、お地蔵さん。行ってみよう。

 

いつからあるのか。港が見下ろせる場所にて。

 

 

高台から。うん、ニースに見えて来た。

 

電車で早川へ移動。こちらはもう少し観光地化されている。

 

 

歩道に入れない!

 

 

「漁港の駅TOTOCO小田原」にて、レストランが行列だったので、おにぎりを買った。

「サバご飯おにぎり(259円)」。

 

 

そして今度は、小田原まで歩く。

ここは灯油やさんだったのかな?

Esso。

 

トンネルを抜けていく。

 

 

小田原着。minakaは宿場町を再現。飲食店が並び、外で食べることもできるのだ。

 

 

めっちゃくちゃ美味しかった、揚げたてのさつま揚げ。

 

これは海老名インターでハマッた、アジの唐揚げ。ここにもあったのだ。

 

 

帰りはロマンスカー。

 

 

分かりにくいが、車内は木目調で落ち着いている。

 

 

で、こうなる。

 

 

すみません、色気なくて。

 

 

車窓。

富士山は撮り損じました。

 

さすがに車内でワインはラッパ飲みできず、お菓子を包んであったビニールを使って移し替える(笑)

 

minakaにあったパン屋さんで買った、あんことバターのパン。

めちゃくちゃ美味しかった!やばいでしょ、あんことバター・・・・・。

 

 

あっ・・・・・。

あんことバターが最後の写真だった(笑)

最後まで見てくれた方、ありがとうございました。凄く根性のある方です。自信を持ってください。

 

真鶴は、静かでいい所だった。古い良さが、まだたくさん残されている。

また行きたいな。

 

今年はどうなるか。