人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

Stray<5>

バグったので前回セーブできなかったのだ。

しかし途中オートセーブされていたようで、2冊目のノートを見つけたところからのスタートになった。

青いロゴを目指して、ビルの屋上の換気扇から部屋に入る。ノートは段ボール箱の中にあった。

そしてまた、新たな青いロゴを探しに外に出た。

 

ペンキの容器を、投げて向かいの屋根にいる仲間に渡していたロボット。

「ちょっかい出すな」と言われていたが、そんなの「ちょっかい出せ」と言っているようなものだ(笑)

ニャーと鳴いたらペンキの容器を落としてしまった。下を覗き込むロボット。

下では住民が飛び出して来た。

うろたえるロボット。

しかしこの件はここまでだ。下に下りたら進展があるかもしれない。

 

青いロゴ発見。

ここは屋上だ。このように屋上は「部屋化」しているところが多い。

何もないところで寝ているロボットもいる。

 

 

部屋の中は図書館の如く本ばかり。

ビーチの写真。「アウトサイド」の象徴なのか。

 

本に埋もれて朽ちているロボット。「ノート」を保存していた住民か。

 

本棚で眠る猫。

おやすみ、zoo・・・。

 

全てのノートを入手しMomoに見せると、壊れたトランシーバーを直してくれたのだ。

今度はこのトランシーバーをビルの屋上に設置しにいく。

行ってきます。