人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

たまご

今週のお題「買ってよかった2022」

 

結論から言ってしまおう。メダカの卵だ。

 

家には今、大きな睡蓮鉢が3つ。

外に出してビオトープとしているが、メダカがいるのはそのうちの2つだけとなっていた。

自然淘汰と言いたいが、私の管理の悪さがどれほど影響しているのかは分からない。

冬を越し、春になる頃はまだもう少し賑やかだったような気がする。

暖かくなったので、掃除をしたのだ。急に水質が変わったのが良くなかったか、その後急に減っていってしまった。

結果、残りの鉢も、それぞれ3、4匹ずつ残っているだけとなってしまった。

 

このままでは寂しいし、飼育のモチベーションも下がる。特に空の鉢。ただ水を足しているだけだ。

ここらで増やそうと思い立ったのは、初夏。

しかしメダカも、たくさん買おうとするとそう安くはない。

そこでまた、ジモティーだ。地元密着型フリマサイト。

前回は成魚を買ったが、今回は季節的に卵が安く出ていたのだ。

20個300円。幹之を10、楊貴妃を10。実際には多めに入れてくれてあった。

これを、空の鉢に多めになるよう、3つに分けて入れておいたのだ。

親に食べられないよう、専用ネットに入れて、ひたすら待った。

 

・・・・・・・・・。

 

さて、こちらも結論から言おう。現在残っているのは、たったの3匹だ。

そもそもほとんどが孵らなかったのだ。孵ったものも、上手く育たないもの、食べられてしまったのか?というもの、・・・謎なのは、空の鉢のものが1匹も孵らなかったことである。

 

と、残念な結果だが、あの可愛い針子を見られたのはとても嬉しく、世話も楽しかった。

今も残る3匹は、とても綺麗な色をしている。この子たちの成長も楽しみだ。

 

これからやってくる過酷な冬を、どうか越せますよう。