人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

加害者家族 / 鈴木伸元

帯には「身内の犯罪で、家族が生き地獄に!」と書かれている。

自分が犯罪を犯すか否かは自分にかかっているが、身内のそれはコントロールできないのである。誰にでものしかかってくる可能性があるのだ。自然災害と同じである。

世間の目は、加害者だけではなくその家族にまで辛辣だ。その犯罪が凶悪であるほど、家族への当りも強くなる。それはまるで正義であるかの如く。

被害者家族への支援はあっても、まだまだ加害者家族への支援は行き届いていないのが、現状であった。

 

この本ではそんなさまざまなケースを取り上げているが、他の文献から拾ったものの集まりで、ひとつひとつの掘り下げは浅い。なので全体的に、驚くべき部分の寄せ集めの、週刊誌のような印象であった。

しかし最後の章では、加害者家族の現状、支援、被害者家族との比較など、社会的位置づけに焦点を当ててしっかり書き込んある。トータルでの起承転結は感じられた。

ただ、私が読みたかったのはこうした社会全体の話ではなかったので、少々お勉強チックで面白みには欠けた。

勉強にはなったが(笑)

 

ぽ子のオススメ度 ★★☆☆☆

「加害者家族」 鈴木伸元

幻冬舎新書