人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

もうすぐ起こるだろう3つのいいこと

今週のお題「最近あった3つのいいこと」

 

今回のお題はバトン形式とのことだが、回って来る相手も回す相手もいないから、勝手にやるよ!

 

「最近あったいいこと」。そう言われて思いつくことが、ひとつしかなかった。

「最近」ではなく、「今日あった」ということで考えることは、時々ある。落ち込んでる時なんかには、結構いいのだ。別にそんなに悪くないじゃん、という気持ちになれたりする。

こういうことなら3つぐらい、思いつくことはできる。例えば昨日一日振り返って、良かったこと。「美味しいものをお腹いっぱい食べた。」、「ゲームをたくさんやった。」、「飲まずに過ごせた。」こんなところか。

しかしこれは、「最近あった」には当てはまらない。つまり、「最近あったいいこと」と、「今日(昨日)あったいいこと」とでは、性質が違うのである。

一日単位でいいことを探すことが「小さな幸せを見つける」というイメージなのに対し、どうも「最近」の方が、スケールが大きいように思う。また、イレギュラーであったりサプライズであったりという、日常的に起こりえない事柄など。

となると、そう簡単に挙がってこない。

困った、このままでは今週のお題が書けない。

それならいっそ、「いいこと」を作り出すか。

行きたかった場所に行く。やりたかったことをやる。

 

そうか、「いいこと」って、自分で作れるのかもしれない。

幸せは、自分で作ることもできるのだ。

メダカの卵を買おう。たくさんの針子が生まれて、しばらく「いいこと」の日が続くだろう。

やりたかった曲のアレンジが、完成する。先に言ってしまえば、やるしかない(笑)

いいことの予感だ。幸せが待っている。

 

 

ところで、たったひとつ思いついた「最近のいいこと」は、週刊はてなブログお題ふりかえりに選ばれたことであった。

毎週のお題に挑戦するにあたり、お題ふりかえりに掲載されることを目標としていたのだ。

それが2回目の投稿で選ばれ、本当に嬉しい。

 

「いいこと」は、自分で作ることもできる。

「いいこと」の種を、たくさん蒔こう。

「最近あった3つのいいこと」が、サラッと言える日が来ますよう。