人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

安楽亭@東久留米

酒の飲めない夜は、満腹にして逃げたいところである。

食べ放題。

肉っ腹。

ダンナがもったいつけて私を連れて行ったのは、安楽亭であった。

安楽亭?今さらどうした?

メニューを見ると、エキサイティングな食べ放題が展開されていたのであった。

ピタ放題

肉は食べ放題にならない代わりに、サイドメニューが食べ放題になるというもの。

肉の種類は値段によって変わる。

私達は松竹梅の真ん中、「竹コース(2480円)」に。

各コースの中に数種類のチョイスがあるので、「味わい4種」を。

「ファミリーカルビ」、「ファミリーロース」、「豚カルビ」、「鶏もも」、計240gのセットだ。写真は2人前。

と、鶏肉で4種。

 

 

 

 

焼き物、頼んでおこう。「焼き野菜盛合わせ」。

焼き野菜盛合わせ

タマネギがなかなか焼けなかったが、甘くてとっても美味しかったのでビックリ。

 

 

 

 

食べごろが分かりにくい「イイダコくるりん焼き」。

予想に反して柔らかく、スルッと食べてしまった。

イイダコくるりん焼き

 

 

 

 

 

「絶品スパイシービーフカレー」は、本当に絶品だった(笑)

ほんのりスパイシーでコクがある。ライスに振りかけたザクザクしたものの食感も、また良し。

絶品スパイシービーフカレー

 

 

 

 

 

小さいけど、食べるものは他にもたくさんあるのだ。「自家製鶏の唐揚げ」。

自家製鶏の唐揚げ

 

 

 

 

トッピングから、「チーズフォンデュソース」。

こうして溶かして鶏肉を絡めたら、凄く良かった!

チーズフォンデュソース

 

 

 

 

この辺でサッパリと、「チョレギサラダ」。

チョレギサラダ

 

 

 

 

そして、「もやしナムル」。

もやしナムル

 

 

 

 

「あさりのバター焼き」は、すでに火は通っているので、バターを溶かして絡める感じ。

あさりのバター焼き

 

 

 

肉屋の本気だしラーメン

あれ??なんでこれだけサイズ小さい??謎ですが。
肉のうまみがしっかり出て、本気出汁だった!

 

 

 

もうこれで、お腹いっぱい!

サイドメニューはまだまだたくさんあるのだ。食べきれないぞ。

満足度の高い食べ放題であった。

また行きたいな。

 

 

anrakutei.jp