人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

おはようございます

眠い!

眠い眠い眠い眠い眠い眠いッ!!!

どうして毎日こんなに眠いのか。朝、ブログの下書きをしようとパソコンデスクに座ると、いつも船を漕いでしまう。

猛烈に眠い。

こんなに眠いと作業にならないので、座ったまま少しばかり寝るようにしている。

ものの5分か10分程度の間に、横に倒れて椅子から落ちそうになったことも、前につんのめってキーボードに激突しそうになったこともある。

目覚ましに、何か食べることにする。たくさんあったオヤツの引き出しが、空になってしまった。

どうしてこんなに眠いのか。

毎日これなのでもうこういうものだと受け入れているが、居眠りの深さがだんだんディープになってきているので、そのうち怪我でもしそうで怖い。

横になって寝るのは、爆睡しそうなので避けたいのだ。安全に船を漕ぎ、速やかに目覚めるのが理想である。

睡眠障害の方は、薬がいい感じに効いていて、概ね満足している。

「概ね」というのは、まぁ理想を言ったらキリがないんだが、どうしても寝入りと夜中、朝方に1度は目が覚めてしまうのが難点で、それでもまたすぐに眠れるので良しとしているところである。上手く眠れなかった頃に比べれば、全然マシだ。

「たまにはノンストップで寝てみたい」と担当医師に言ったら、「それは贅沢と言うものですよ。我々ぐらいの歳になると、そんなに眠れないものです。」と言い切られてしまった。

こんな状態でも史上最高の眠りになっていることを考えると、これ以上は贅沢ということか。

毎朝睡魔と戦いつつ、世の不公平を恨みたくもなる。

などと、コーヒーを飲みながらつらつら書いていると、やっと目が覚めてくるのだ。

トンネルから抜け出すような感覚。

さて、今日もブログの引っ越し作業だ。

愚痴らせてもらいましたが、ここからは元気である。

改めまして、おはようございます!