人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

謝罪の王様

阿部サダヲ×宮藤官九郎×水田伸生の定番ともいえるコメディだ。

       

   監督:水田伸生

   キャスト:阿部サダヲ、 井上真央、 岡田将生

どうしても許してもらわなくてはならない場面、というものがある。

ヤクザを怒らせた。

セクハラで訴えられた。

息子が傷害事件を起こした。

完璧な謝罪で解決へと導く、「謝罪師」の黒島のもとには、そんな人がやって来るのだ。

しかし今度は、国交問題に発展した難題が舞い込んできた。

言葉の通じぬ外国人。辺境の国の思いもよらない常識。

黒島は解決できるのか・・・?

どコメディだ。あからさまに笑わせようというドタバタシーンの連続は、好きな人にはハマるだろう。しかし私にはどこが面白いのか良く分からなかった。

謝罪師という発想は面白いが、作品のキモである「笑い」の部分が合わなかったので、目の前でダダ滑りしている連続であった。

「面白い」と勧められた作品だったので、好みの問題かと思う。

ぽ子のおすすめ度 ★☆☆☆☆

ダンナのオススメ度 ★★★☆☆