人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

百薬の長@武蔵小金井

なんとなんと、小川の百薬の長に姉妹店があったのだ!

ちょいと色々とハードルの高いお店だったから、こちらの様子が知りたくなった。

武蔵小金井に用事があった際に、寄ってみたのである。

お店の規模は小川店程度だが、ちょっとこちらの方が広く、熾烈な席取り合戦もなくハードルは低い。

注文などのローカルルールもないし、店主は若い女性。気楽に入っても後悔するようなことはないだろう。

ウーロンハイ。

自分で自由に割れるので、好きな濃さにできるのがいい。

「ルッコラと色々野菜サラダ(260円)」なんて、洒落たメニュー発見。

ドレッシングは2種類から選べたので、黒胡椒のドレッシングに。これがまた、美味しい!

モツ焼きのお店だ。せっかくだから見慣れないものを注文してみた。

左から、小肉、滑らかな噛み応え。チレ、柔らかく、臭みもないレバーのよう。ヒラ、皮みたい。レバ、冷めてしまってちょっとパサついてしまった。早く食べるべきであった。

同じお皿にどんどん足していくスタイルだ。カシラ。

そしてうずら玉子と豚バラだったかな?この辺は珍しくないが、好きなので。

「がつしょうゆ(220円)」をニンニクで。

生ニンニクとの相性が良くて、美味しい!

「厚揚げの試マ(200円)」は、予想に反した状態で来た(笑)「煮」は、調理法という意味らしい。

「いなり納豆(360円)」、納豆の存在感は薄いようだが、油揚げのサクッとした食感とたっぷりの薬味がとてもいいのだ。

「甘酢らっきょう(200円)」と「チーズ(180円)」。こういうシンプルなつまみがあるのも、嬉しい。

いやもう、最高!

豊富なつまみのラインナップ、リーズナブルな価格設定、素朴ながらしっかりしたクォリティ、そして何より、若きママさんの気配り。

昭和の雰囲気を色濃く残しつつ、こうしてひっそりとここにある。

いつまでもこのままでいて欲しい。

また行きたい。

百薬の長・食べログ