人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<104>

装備を整え、再びジャンク屋へ。カイラルアーティストに砂時計を届ける依頼を受け、徒歩で向かう。壊れやすいので、手で持って行けとのことである。

長く、遠い道のりであった。BTも出たが、しゃがんで歩けば案外抜けられることが分かってきた。道を塞がれている時だけ、血液グレネードを使う。

遠くに見えて来る。

到着、納品。

一度うっかり落としてしまい、劣化率が68%になっていた。評価はC。C!

これでジャンク屋と繋がった訳だが、次の荷物はこれだ。

連れてこいと言われているのだ。一緒に歩かせるんじゃダメなのかぃ。

遺体袋に入れて、背負う・・・。

持ちきれなくなった荷物は、フローターに。

あぁ、またあの道のりを行くのか、これを背負いながら。

新しい武器を貰ったあたりが、逆に不安である・・・。