人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ケンカ

父とケンカをした。

十数年も絶縁していたのである、急接近などして、いつかこうなるんじゃないかと思ってはいた。

些細なことだ。考え方の相違。言い合っているうちにお互いに熱くなってしまった。

父は自分の言い分が正しいと思っている。

私も、自分の言い分が正しいと思っている。

こういう時は相手を理解しようと努力するべきだと思うのだが、父にはそれができない。

声を荒げ、覆い被すように人の話を遮るので、我慢できなくなってしまったのだ。

私が間違っていた。

私は「ハイハイ」と逆らわずに聞いていれば良かったのである。

間違っていようが不愉快であろうが、波風立てないのがお互いのためだったのだ。結局一番不愉快な結果になってしまった。

父が今さら変われるとは思えない。つまり、何を言っても無駄ということだ。

無駄なだけでなく、父を激昂させ、理不尽な言いがかりをまくし立てられる。そうなるとこっちも黙っていられず言い返してしまう。こうなったら泥沼だ。

こんなんなら、ハイハイ聞いている方がよっぽど良かった。

その後もずっと腹立ちは収まらないし、ちょっと可愛いヤツめ、ぐらいに思っていたのにもう憎たらしくて仕方ない。

兄と交代でしていた生存確認の電話も、やめた。

私は悪くない。こっちからかける気なんか、全く起こらなかった。甘やかしてたまるか。

しかし、父から電話を掛けてくることがないのも、分かっていた。そういう人なのである、父も、私も。だから十数年もこじれたのである。

折れてやることにした。

10日ほど経った頃、シレッと電話してみたのだ。

「もしも~~~し、ぽ・子でぇすEE:AE595

いつもの調子でかけてみると父は、「おお、おお、ぽ子か」ととても嬉しそうである。

お互いにこれまでになかった展開に、どこかくすぐったい。

「オレな、この間ぽ子に怒られてな色々考えてな、オレちょっと怒りすぎちゃったかな、とかさ、・・・・・。」しどろもどろに言う父に、昔の面影はない。

「もういいよ、楽しい話をたくさんしようよ。」

父の話に逆らわない。そう決めた。

諦めではなく、父への想いだ。

週一度から3回に増えた、長電話の再開である。