人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

困りものには夢がある

先日父の家に行った時に、母のアクセサリーをたくさん貰い困っていたのだが、実はもう一つ、困りものを引き取ってしまっていたのだ。

「そうだそうだぽ子、これも持っていかないか?ゼニ、ゼニw」

そう言って父が持ってきたのは、ゼニであった。外国の硬貨。

旅行に行った時の残りを、とっておいたらしい。

持て余す予感はしたが、困るのは「ちょっと魅力的」なところである。持って帰ってきてしまった(笑)

実は娘ぶー子が子供の頃に一度、同じようなものを貰っていた。

これどうすんじゃい状態で、ずっとぶー子の部屋に置かれていたのだ。

しかしこれ、合わせればちょっとした量になる。お得意の「コレクション」だ(笑)また新しい扉を開いてしまった。

あぁ、これらを国別に分け、ピカピカに磨き上げて、綺麗な袋に入れていきたい。

先発隊はかなり古いと思われるので、貴重なものとかないだろうか。

夢も膨らむ。

こんなのもあったのだ。

「1980 OLIMPIAD??(読めない)」、五輪のマークが入っている。

サンマリノ、と書いてあるが、1980年のオリンピックはモスクワであった。

何だか良く分からないので調べてみたら、郵便局で売ってたものらしい。ヤフオクで同じものが千円で出品されていた、微妙(笑)

さしあたってお札はキーピングを噴射してアイロンをかけ、コインは重曹とクエン酸に漬けた。

で、どうする。

やる気はあるんだが、こんなものばっかり溜まってきて首が回らない。

全部老後の楽しみにしなくちゃならんのか。

まずは部屋が片付かないことには・・・・・・。