人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

悪夢の5分

最後っ屁だ。またまた緊急事態宣言が発令される。その前に、飲みに行くぞ。

まずは中華料理屋で一杯。

ここからハシゴ酒が始まる予定であった。

天気予報では、通り雨が来ることが予想されていた。

何とか上手くかち合わないように飲みたいものだ。

中華屋を出ようとした時には、パラパラと雨が降り始めたところだった。

次の店まで、徒歩5分。ササッと行ってしまおう。

長い5分であった。この間に雨は本降りになり、まるで嵐だ。

壊れて水量がバカになったシャワーの如き雨に加え、台風かと思うほどの風。

360度、あらゆる方面から降り付ける雨に、傘は全く役に立たなかった。

ズブヌレ。

頭の先から爪先まで、グッチャグチャだ。

2軒目のお店に入ると、停電していた(笑)

私達の姿を見ると憐みの表情を見せたが、そういうのいいからタオル貸して下さい。

寒い。

寒いし、濡れた服がまとわりついて気持ち悪い。

駅前の大型スーパーで、安い着替えを買うことにする。

ところがなんてことでしょう。

この駅前の大型スーパーには、安い服が存在しなかったのである。

年齢層高め向けの服ばかりで、値段の問題だけでなく、デザイン的にもキツい。

ダサい服に高いお金を払うのはバカバカしい、せめて「安い」ぐらいはクリアしたいものだ。

1500円のロンTワンピを購入。これなら上下2枚分と考えれば、一枚750円だ(笑)

ダンナはギリギリまで「買わない」と頑張っていたが、エアコンで冷やされて観念し、ミッキーマウスのャ鴻Vャツを買った。

いや~、乾いた服の気持ちいいことよ。

悪い奴には濡れた服を着せておくのはどうか。

逆に、ズブヌレでエアコンの効いた部屋にて冷えたビールを飲んだ後に着替えるなどしてみれば、なかなかの快感を得ることができようぞ。

3軒目のお店を出ると、家路に向かった。

「虹が見えてもいい条件が揃ってそうだよね」などと話す。

最後に虹を見たのは2013年、母を公民館に送って行った時だった。なかなか見られるものではない。

と、言っていたら、

おお!!

電線だらけですが(笑)

実に8年ぶりの虹であった。

何となく得をしたような気持で家に帰ると、雷にビビッたらしいみっちゃんがひと暴れしたようで、大変な有様になっていた。

今またひと雨来そうなんだが、すでに「助けてください」というようなアクションが始まっているので、リードをつけてリビングに連れてきてあげたのだ。

さぁ雨、来るなら早く来い!身動きが取れん・・・。